エコカー減税で、エコカーをオトクに

エコカー減税は、エコカーを普及させようと特定のエコカーに対してだけ減税される政府の施策。車は安くなるけれど、車種が限られていて、そのメリットもだんだんなくなってきています。残念。

エコカー減税とは?

エコカーとは、環境に考慮した車。ガソリン車はどうしても排気ガスが出て環境に良くないため、電気自動車をはじめとしたガソリンに変わるエネルギーを使った車のこと。政府が決めたエコカーの認定車のことを指します。

自動車には、購入時には自動車取得税(消費税とは別で加算される)、車検時には自動車重量税、毎年4月には自動車税(軽自動車税)という税金がかかります。

それぞれ万単位でお金がかかるので、結構な出費になります。

これらを減税してくれるのがエコカー減税です。

自動車取得税の減税

自動車取得税は、取得価格の5%がかかります(営業車・軽自動車は3%)

エコカー減税を適用時

普通車 : 5%→3%に引き下げてくれます。

営業者・軽自動車 : 3%→2%に引き下げてくれます。

消費税が10%にあがったときは、買い控えを避けるために

普通車:0円

営業車・軽自動車:0円

になる予定です。

自動車重量税の減税

車両購入時と、車検毎にかかる自動車重量税。車の重さによって道路を消耗する度合いが違うため、車銃を元に計算されます。

決められた計算式で、重さ×年数で減額されます。

エコカーにも区分があって、より推奨されているエコカーはより多く減税されます。

詳細は、国土交通省が図表を発表しているのでそれが参考になります。

国交省の図表はこちら

自動車税・軽自動車税の減税は75~50%

この税金は毎年4月を基準に1年分払います。

自動車税は車の排気ガスに対して課せられる税金です。

普通車は通常34500円かかりますが、エコカーのグレードによって75%-50%減税されます。価格で言えば、8625円~17250円まで安くなります。

軽自動車税については、今まで7200円と安かったのですが、平成27年4月以降は10800円と増額されてしまいます。

軽自動車もエコカーの対象に

軽自動車の自動車税が上がる代わりに、軽自動車税もエコカー減税の対象になりました。

基準は普通自動車と同様で75%-50%の減税です。車種こそ絞られることが予想されますが、75%減で、2700円まで下がります。

近年はハイブリッド車の車種も増え、車両本体価格も下がってきたので購入しやすくなっています。

また中古車市場でも、自動車重量税、自動車税が減税されたりするので、人気になっています。

 

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加