買取専門店で売る

下取りに出すよりも買取業者に査定して貰う方が、高く査定してくれます。

買取業者は中古車販売のプロなので、その車に相応しいギリギリ高い査定をしてくれます。しかし、こちらも知るべきことを知っておかないと損をしてしまうかも。

 

買取業者で売るときの流れ

実店舗が近くにある業者か、訪問査定してくれる業者を探す。

買取業者に申込→訪問査定or業者に持込んで査定してもらう

→提示額に納得いけば売却手続き、書類の準備

→車両引き渡し

このような流れになります。

買取業者で売るときのメリット

管理コストを低くしている分、高く買い取ってくれる

 

中古車の査定は、中古車販売価格から管理コストを引いた金額が提示されます。

管理コストが低ければ低いほど高く査定できます。

売れるルートを沢山持っていたり、中古車市場の知識が豊富な査定員がいれば、コストを最低限に抑えられるので買取金額を高く提示できるようになっています。

人気車種を高く売れる

下取りの場合は、新車購入先のディーラーへ売ります。下取りの査定は、中古販売に詳しくない人が査定するので、高い金額を出しづらい傾向にあります。その点買取業者は中古車市場に詳しいため、時期として売りやすい車、今人気のある車種などが把握できていて、売れる確証がある分、査定を高く出すことが出来ます。

 

買取業者で売るときのデメリット

手続きが面倒

新車を買うとき下取り前提ならば、ディーラーへ下見や試乗にいくついでに査定をして貰えます。

その場合、納車時に昔の車をディーラーに下取りに出して、納車された車に乗って帰るということが出来るので、乗り換えがカンタンです。

一方、買取業者に売る場合は、手続きが面倒になります。

査定依頼を欠けるのはもちろん自分ですし、査定の為に訪問の日にちを調整したり、もしくは自分で査定のために業者まで車で移動しなければなりません。

また、車両引き渡しの日程を、納車日と合わせなければいけないし,もし合わせることが出来なければ、車がない日が出てきてしまったり、2代管理士泣けばいけない期間が出てきてしまったりします。

買取業者の質に左右される

買取業者に全てを任せてしまえば一番楽です。しかし、査定の基準は買取業者によって違うし、買取の担当によっても価格が変わってきます。

売る側も車の中古車相場をきちんと把握していないまま、担当の言い値で売ってしまうと、本当は最高いのに安く売ってしまうことになってしまいます。

「下取りよりは高いからいいか」では損をしてしまう可能性があります。

車を高く査定して貰うためには、いい買取業者を探すのが良く、今では10社ほどの買取業者に一度に依頼できる一括無料査定サービスがあるのでそれを利用するのも手です。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加