個人売買は手数料は取られないけど…不安も多い

ヤフオクを始め、オークションサイトや自動車の個人売買サイトなどで個人でも車を売りやすくなってきました。

高く売りたいなら個人でオークションが良いのですが、その分トラブルに巻き込まれる可能性も。メリットとデメリットをしっかり知ってどのように売るのか選びましょう。

個人売買のメリット

通常、車買取店に売った場合は販売されるまでに買取店・業者オークション・販売店などの手数料が上乗せされて販売されます。

個人売買の場合は間に入る業者がなくなります。

仲介手数料を払う必要がなくなる分、車を売りたい人は相場よりも高く売ることができ、車を買いたい人は相場より安く買うことが出来ます。

また、買取店などではなかなか買い取ってくれないようなマニアックな車や、旧車、外車などが出まわることが多いのも一つのポイントです。

個人売買のデメリット

高く売れるし、安く買えるなら皆が個人売買をすれば良いじゃないかって話になりますが、そうもいかないのには理由があります。

信頼ができない

個人売買の場合は、売り手も買い手も相手のことについて分かりません。売った側はお金を払ってくれるのか、後々問題にならないか心配ですし、買った側は名義変更手続きをしっかりやってくれるのか、納車してくれるのか、故障が後で発覚しないのか、色々と心配しながら取引しなければいけません。

トラブル時は大変

何かトラブルが起こった場合、当事者同士で問題を解決しなければいけません。それなりに様々な契約を予め決めておいて、お互い承諾した上で取引に映らないと、あとあとややこしくなって頭を抱えさせられるようになってしまいます。

個人売買より買取専門店に売った方が良いと思う点

たしかに、買取専門店の方が安くなる可能性は高いですが、それ以外のメリットが大きいので、買取専門店に売ることをおすすめします。

1.手間がかからない

個人売買は以下の手順でやります。

  • 個人で査定
  • オークションや個人売買サイトへの登録
  • 売れなかった場合は再出品
  • 売れた場合は顧客対応
  • 振込確認後に名義変更(運輸局など)

これに比べて、買取専門店は査定して、書類をそろえて売るだけです。お金の節約にはなりませんが、時間的な節約になります。

2.相場以下の値段で取引されることはない

個人売買は、買取専門店のマージンなどがない分、高くなる傾向がありますが、オークション場合は相場以下の値段で買い取られてしまう場合もあります。

3.確実に売れる

個人売買の場合は,買い手が見つかるまで売り続けなければいけません。その間、駐車場代や期間によっては税金も払い続けなければいけないリスクがあります。

4.トラブルの時に安心

買取業者で売るときは、中古車業界団体や、公正取引協議会など、相談できる機関があります。また、売った時点で買取業者が責任を負ってくれるので、買い取った人からクレームが来ることはまずありません。

一括査定で個人売買との差をなくす

個人売買は高くは売れますが、責任も大きく、時間もかかります。個人売買ほどではないにしても、買取業者経うる場合でも限りなくその金額に近づける工夫は簡単にできてしまいます。

無料一括査定に申し込めば、愛車の相場が分かるし、一番高く買い取ってくれる業者が見つかります。ケースによっては数十万円高く売れたという場合もあります。

自分の車の情報を入力するだけで無料で査定できるので、一度やってみてはいかがでしょうか。

 

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加