修復歴は隠さずに伝えよう

事故を起こして修理した経験がある修復車は、査定額がかなり下がってしまいます。しかしそれを分かっていて伝えず、後で発覚すると告知義務違反となって、買収額を減額されられてしまいます。

 

ともなると最安値で売るしかなく、金額の交渉の余地がなくなってしまいます。

なのであれば、最初から正直に話した上で査定額の交渉に入りましょうという話です。

査定額に差が出るのは仕方が無い

査定額にかなり差が出るのが事故歴があるかどうか。

事故歴のある車は中古車でも買う人は本当に少ないので、人気がありません。

自分の車、見た目は綺麗で事故に遭ったなんて思えない。という状態だったとしても、事故歴は必ず伝えましょう。

査定員の人達はプロですし、車検証を見てしまえばその車が事故車かどうかなんてすぐに分かってしまいます。車検証がなくとも、向上で調べれば一目瞭然です。

後から修復車だとわかったとき、告知義務違反として査定額を減額させられるばかりか、買取をして貰えなくなってしまうケースだってあります。

修復歴でなければプラスになることも

事故に遭った車が全て修復車かというとそういうわけではありません。

修復車とは、フレームの修理を行った車のことを言います。

  • ドアを壊してしまって交換した
  • ミラーを破損して交換した
  • 窓ガラスが割れたので交換した

これらは全て修復車とは言いません。むしろパーツが新しくなっていて状態が良ければ、通常より査定が上がることだってあります。

(プラス査定になると言うことではなく、修理せずに査定に出した場合よりはずっと高額で査定してくれるという意味です。)

修復車じゃなくても,事故歴は伝えること

修復車にならなかったとしても、事故に遭った事実は伝えた方が良いです。事故当時から車検までは問題が無かっただけで何かしらモノコックに影響があるはずですので、

車検証には修理の履歴が全て載っているので、過去に事故を起こしたかどうかも調べることは可能です。

告知義務違反になる

事故歴があるのに、無いといって売ってしまった場合は、自己減額要求が出来るようになっています。

自動車の査定は、売る人と買う人の信頼関係で成り立っているので、きちんと伝えないことで不利になってしまいますし、一度信頼を失うと査定額を交渉することが難しくなってしまいます。

逆に、わざとそれを聞かずに買収して後で修復歴の発覚をいいことに再査定や減額をしてくる悪徳業者もいるので注意が必要です。

そのような詐欺に遭わないためにも、大手を含めた複数の会社に査定して貰う一括査定に申し込めば心配はありません。

 

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加