パーツは純正品なら査定は下がらない

 

車を売るときはなるべく純正パーツをそろえましょう。

大きく下がることはありませんが、純正パーツがあるならば戻して別々で売った方が手元にお金が多く戻ってきますから。

車を査定に出すときは純正品が一番良い

自動車購入時に、純正だとやや高く付いてしまうものを社外パーツでそろえたり、自分の好みに合わせてエアロパーツを購入するといったことは良くある話。

その車、カスタマイズしたときに純正品は残していますか??

社外製品には、エアロパーツだけではなく、社外製品にはカーオーディオ、カーナビ、フロアマット、ステアリングなど色々なものがあります。

よほど個性的で無い限り査定が下がることもありませんが、パーツ取り付けのために本体に穴開け加工などをしていたらアウト。減額の対象になってしまいます。

個性的なパーツは欲しい人が少ない

中古車の査定額は、欲しい人が多ければ多いほど高くなります。

個性的なパーツは多くの人が欲しいとは思わないのです。

中古車を買おうとしている人は、ひとまずノーマルで購入して自分の好きなようにカスタマイズしていきたいという人が多いため、社外製品が既に取り付けてある車はその人の好みによって好き嫌いが分かれます。

欲しい人が多いというわけではないので、査定額が上がりにくいというのが現状です。

オプションパーツは先述の通りプラスになることは少ないので、査定時に取り外し、別々で売った方が手元にお金が多く戻ります。

 

高性能カーナビが付いている場合など、例外的に査定が上がることもありますが、オークションなどで売った方が高く売れますので同じことです。

自分で取り外さなくても良い

自分で純正に戻すことが難しい場合は、無理に自分でやらずに、査定時に純正パーツが揃っていることを伝えてください。

購入時、純正品は保管しておきたい

中古車を売るときも、純正パーツが好まれるケースが多いです。

自動車購入時に純正パーツを外して社外品を取り付けた場合は、純正品も保管しておくようにしたいところです。

よほど個性的なもので無い限り下がることはない

車体に穴を空けるなどしていなければ、よほど個性的なパーツで無い限り、査定がそこまで下がることはないので安心してください。

 

純正品がもう手元にない場合、どれくらい査定額が変わるのかは、無料査定に申し込めばカンタンに知ることが出来ます。

買収業者によって車種や状態の得意不得意があります。

複数の業者に一度に見積もってもらう一括見積が無料でできるので、査定を依頼してみてはいかがでしょうか。査定を依頼したから必ず売らなければならない。ということはまずないので安心してください。

本格的に査定に出す前に、自分の愛車の相場を調べてみてはいかがでしょうか。

 

 

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加