SUVが中古車市場で人気が高い理由

スキー・スノボ、サーフィンなど、アウトドアにぴったりのクルマと言えばSUV!

中古車市場でも人気が高いです。でも、その理由ってどこでも走れるから!というわけでもないんです。

SUVとは

 Sport Utility Vehicleの略。つまり、スポーツアクティビティ用!

てことで、 5ドア、3ドアが主流。サーフィン、スキー、キャンプで人気でした。

SUVのメリット

  • 悪路でも走れる
  • 車内が広いので、様々な用具を積める(スキー、サーフィン、キャンプ用具など)

SUVのデメリット

  •  古い立体駐車場は車高が高いSUVは止めれない…
  •  燃費が悪い
  •  SUVの保険料は高い
    •   頑丈なフレームで、排気量が大きいので、最近人気の衝突安全ボディと比較して、ダメージが大きい

人気のあるSUV車種

  •  キャデラックエスカレード
  •   ベンツ GLクラス
  •   ポルシェカイエン
  •  リンカーンナビゲーター
  •  ランドローバー レンジローバー
  •  レクサス RX
  •  三菱パジェロ
  •  TOYOTA ランドクルーザー
  •  TOYOTA RAV4
  •  TOYOTA ハリアー
  •  TOYOTA ハイラックスサーフ
  •  日産 エクストレイル

SUVのジャンルは元々若者を中心に一定数の人気がありました。

しかし、TOYOTAのハリアーが登場してから高級SUVのジャンルが開拓されて以来、

様々な自動車メーカーからSUVが発売されて、今も人気が高いジャンルとなっています。

どうしてSUVが高く売れるの?

 悪路の多い新興国では人気

SUVは悪路を走れる車として設計されています。

ブラジル、アフリカ、ベトナム、タイなど、十分に舗装が整っていないような国においては、

車高の低いセダンやミニバンは車体が傷つきやすく、

SUVは世界的にも人気のあるジャンルです。

初心者、運転の苦手な人にも人気

基本的にはサーフィン、スキーなどを楽しむ人達に人気が高いのはもちろん。

でも最近は初心運転者とか、運転の苦手な人にも人気が高くなってきています。

SUVは車高が高く視界が広いので運転しやすいからです。

車内が広いということでも、セダンなどより快適性が高いということで選ぶ人も多いです。

燃費が良い2D仕様のものも増えてきた

雪山や山道、砂浜を走るには4Dが必須でしたが、一般道しか走らないように設計された2Dの車種も増えています。

4WDはどうしても燃費が悪いので、2DのFF車は燃費も良く、人気がある要員の1つ。

SUVを売るなら、モノコックフレームが痛む前に

 日本に悪路はあまりなく、走行距離の割りに状態が良いから中古車市場でも人気がある

 60000km走ると査定額が急激に落ちます。SUVはそのジャンルの特性上、悪路を走ることが多いのでそれくらいの距離を走ると足回りやモノコックフレームが傷んでくると判断されるためです。

SUVは基本的には悪路を走れる用に設計されています。

しかし、日本など舗装が十分整っている国には悪路がほとんどなく、 車の状態は他のセダンやミニバンと比較してもほとんど変わりません。

 にもかかわらず、相場通りに判定されてしまうこともしばしば。ソンしないためには60000km前に査定に出すのがお薦めです。

業者によっては、きちんと査定してくれれば相応しい額で売ることができますよ!

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加