年式が新しい車(高年式車)を高く売る秘訣

車は買ったその時からどんどん値段が下がっていきます。高年式の方がもちろん高額査定してくれるのですが、

新車を買うときにディーラーで下取りに出してしまうとソンします。

車はすぐに価値が下がる

家も、スマホも同じですが、車も買ったその時からどんどん価値が下がっていきます。

車は特に下落が激しく、中古車相場は、1年で2/3、2年で半額、3年も経てば1/3以下と言われています。

ディーラーで下取りに出す場合は、この辺りの価格になり、特に他メーカーの車の場合は、

中古車相場より下の価格で査定されてしまう場合が多いです。

新車を買うからそこで下取りに出せば新車を安く買えると考えがちですが、一手間ちょっとくわえるだけで、10万-20万円もっと安く買える方法があるとするならば、

知りたくありませんか?

高年式が高額な理由

一般的には走行距離が短ければ高く売れ、外装、内装が綺麗であれば高く売れます。

しかし、高年式が高額取引される理由は、走行距離が短いからでしょうか?それとも車が低年式よりも綺麗だからでしょうか?

これは違います。走行距離や車の状態はあくまで目安であって、実際年式は関係なく、どれだけ大切に乗ってきたかによります。

iPhoneを使うとき、カバーをつけて綺麗に使ってあとで超美品として高く売るか、

画面が見れれば良いからとカバーもつけずそのまま使って傷だらけで安く売るかの違いのようなものです。

 

高年式と低年式の違いは、マイナーチェンジがあったかどうかが大きく関係しています。

マイナーチェンジ前であれば高年式も低年式も同じものとしてみられますが、マイナーチェンジ後は高年式の方が車の性能が良くなっています。

エンジンやパーツの性能が良いから、高く売れるのです。

高年式車は、下取りよりも専門業者に売る!

先ほども話したように、ディーラーへ下取りに出すと中古車市場最安値、もしくはそれ以下で査定されてしまいます。

一方、中古車買取専門業者は、中古車市場最安値を基準に、人気の有無や市場の動向、在庫の有無などを十分加味して査定してくれます。

中古車買取専門業者に査定依頼をするのが良いですが、

しかし、今はインターネットが普及しているので、

  • 自宅近くの複数の中古車買取業者へ
  • 無料で
  • カンタンに

一括査定をお願いすることができちゃいます。

一括見積サービスを使うことで10万円得したという話は良くある話で、

80万円も査定額が変わったという事例もあります。

住所と車種、年式を入力するだけの簡単な作業で済むので、

ディーラーに下取りに出す前に、サクッと自分の高年式の車の最高買取価格を調べてみると良いかも知れません。

 

 

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加