外車がなぜ高く売れるのか(ベンツ、BMW、アウディ)

外車は高価です。中古車市場でも高額取引されます。

でも、国産高級車の中古車と比較しても高額で取引されることが多いんです。

元々が高いから、というよりは、別の理由が…

高級志向より、実用志向へ

一昔前は外車=ステータスの次期もありました。しかし最近は、不況や増税などの影響で、外車の高級車より、快適で乗り心地の良い車に乗り換える人達が増えています。

特に日本車は世界的にも技術が高いと評価されていて、そこそこ予算で車内が広く、快適で乗り心地の良い車が沢山みつかります。中古車であっても、もともと各部品が丈夫に作られていて、新興国のように悪路も少ない日本なので、状態が良いものが多いです。日本では「もう廃車だ」と判定される車が新興国に輸出されたりすることも…

中古車の外車は流通台数が少ない

カーセンサーを例に中古車の台数を見てみると、トヨタは70000台に対して、ベンツ7000台、BMW7000台と、外車は台数が少ないです。

 

外車は値段が下がりづらい

ベンツ、BMWなどの外車は、1年で100万前後価格が落ちますが、その後は緩やかに下がっていきます。3年落ちでも半額を切ることはありませんし、何年経っていても、100万円以上で取引されるものもあるんです。

国産車であれば、なるべく新しいモデルを欲しがる方が多いです。というか、そうですよね。

ところが、外車については古いモデルだとしても高く取引されることがあるんです。

「この型のベンツが好き!」といって、型やモデルで探すマニアがいるからです。

買取業者によって査定額に差が出やすい

国産車は台数が多いので査定時間短縮のために「この車種でこの走行距離ならこれくらいの値段だね。」という相場がだいたい決まっていて、それに沿って査定されます。

ところが外車は台数が少ないため、このような決まりがありません。

決まりがないので、査定するディーラーや、強いては査定する担当者によって査定額の差が付きやすいのが中古車の外車の特徴でもあります。

「これはマニアに売れる車種だ」となれば高く査定されますし、きまりが曖昧なことを良いことに、低めの査定額を出してくる悪い業者も中に入るのが事実です。

中古のベンツを高く買い取ってくれる業者を探す

もし外車を高く売ろうとしているのであれば、複数の業者に一括で見積もりを出してくれる車一括査定のサービスを使ってみることをお薦めします。良いサービスだと無料で8社に一気にすぐ申請して、20万も高く売れたって話も聞きました。沢山取引されているところが信用できそうですよね。

一括査定してみるなら、モデルチェンジ発表前に!

ベンツは毎年マイナーモデルチェンジを行っています。マイナーモデルチェンジが発表されても、見た目は変わらないのでさほど価格も下がりませんが、フルモデルチェンジが発表されたら現行モデルが旧型になり、値段も下がってしまいます。

フルモデルチェンジの次期は、ディーラーですら正確に知らないので、もし、ベンツを売る予定があるならば早めに、フルモデルチェンジの発表がある前にさっさと手放してしまうのが良いです。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加