走行距離が少なければ古い車でも高く売れる(ことがある)

走行距離が長いと、それだけ車にもガタが来ます。

エンジンはもちろんのこと、ブレーキやサスペンションなど、色々なところが悲鳴を上げてくるようになります。中古車はどれだけの距離を走行したのかというのも、状態を見る1つの指標になっています。

走行距離と査定額

走行距離が長いとどう安くなり、短いと、どう高くなるのでしょうか。

1.走行距離50000km以上

一般的に車は50000km以上走ると部品交換が必要になってくると言われています。

部品交換するとなるとお金もかかるので、言い換えると50000km以上走ると車の維持費が高くなってくるとも言えます。

中古車なのに車の維持費がそれなりにかかってくる車は、中古車市場ではあまり高く査定されまぜん。部品にガタが来ていて修理も必要なことがわかっているし、そのような車は売れづらいからです。

50000k以上走っているなら型が新しいモデルでも、酷使したということで安く査定されてしまうでしょう。

2.走行距離10000km-50000km前後

走行距離が、エンジンを摩耗しきっているとも言えないし、使っていないとも言えないこのくらいの距離の場合、走行距離以外の各パーツの状態を詳しくみて、総合的に判断し査定額を出してくるようになります。

3. 走行距離 数km-10000km未満

走行距離が短い車といえるでしょう。走行距離が短い車は、年式が古くてもエンジンをはじめとした部品がさほど消耗していないと言うことで、それなりに高く買い取ってくれます。

走行距離と年式

年式が新しいが、走行距離が短い車

このような車は、やはり各パーツが摩耗していると判断されて、査定額がかなり下がってしまいます。新型のエンジンは耐久性が上がっている場合もありますが、シャーシやタイヤなどの部品は一昔前から耐久度は頭打ちになっているので影響が少ないです。

走行距離が短いが、年式が古い車

このような車は、中古車市場に人気があります。価格もそれなりに安いこともありますが、他の中古車と比べて維持費が安いと思われるからです。

車種によってはその型の車が欲しいというマニアが探している場合もあり、そのような車種はどんなに古くても100万以上だったりします。

今だいたいいくらかはすぐ調べられる

走行距離が短ければ、年式が古くても高く買い取ってくれるところがあります。

しかし、ちゃんとしたところに査定をお願いしなければ、走行距離は短いけれど年式が古く、中古車市場で人気が無いから。などの勝手な理由で査定額を下げられてしまう場合があります。

無料の一括査定サービスを使えば、今その車がだいたいいくらで取引されるのか、

現時点で一番高く買い取ってくれるところはどこで、いくらで買い取ってくれるのか、ということがすぐに分かります。サービスによっては8社に同時に依頼でき、実際20万円高く売れたという話もあります。

年式や走行距離を入力するだけで簡単に申し込め、別に査定したからと言って売らなければならないと言うことは全くないので、

今の車の最高額を調べるために、一度査定に出してみても良いかも知れません。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加