車を売る際の交渉術

一括査定サービスを使う時、ちょっとした工夫でさらに査定額を上げることが出来ます。

ちょっとの差で十数万円の差が付いたりもするので、ちょっと面倒でも頑張ってみましょう。

後で絶対に満足できますから。

見積に時間をかけない

買取業者は、同じ時間で一台でも多く買い取りたいと思っているので、交渉に時間をかけたいと思っていません。時間をかけすぎてしまうと「これまでコストがかかったからそれ以上査定額を上げることは出来ない」ということになってしまいます。

1社あたり、実車査定1回+交渉1回の、2回で決着をつけるつもりでいるのが良いでしょう。実車査定時に見積額を必ず出して貰ってください。

全社の見積が出るまであえて交渉しない

買取業者は1台あたりの買取に時間をかけたくないもの。さっさと買い取ってしまった方が、査定や交渉していくよりも

「いくらなら売って頂けますか?」

「今この場なら○○円で買い取ります!」

等と言ってきます。ここで希望を言ってしまってはダメです。

たとえあなたが相場を知っていて、無理な金額を出してきたとしても

「無理ですね」「これがいっぱいいっぱいです」と断られるばかりか、

相手のペースに乗せられてずるずると契約させられてしまうことに。

相手は交渉のプロですから、交渉の素人がプロを相手にして勝てるはずがありません。

そこは「全社の見積が出てからお話しします」と、先送りしましょう。

間違っても、その場で契約してはいけません。

ウソはつかない

査定を引き上げたいからといって、「A社はいくらでしたよ」などと、ウソをつくのは逆効果です。

相手もプロですから、あまりにも逸脱した金額をいわれると無理ですとさっさと手を引いてしまいます。

複数社に見積もってもらっていて、一番高く見積もってくれたところに売るつもりです。きちんと真実を伝えましょう。

一番高い査定額から交渉を始める

見積依頼を出した全ての会社から査定額を受け取ってから価格の交渉に入りましょう。

例えばA,B,C,D,E社に査定依頼を出して、D社が一番高く55万円だったとしましょう。

その場合はA,B,C,E社に「D社が55万円という査定額でしたがそれ以上で買い取って頂けますか」と聞けばOKです。

それで手を上げた会社があれば、D社と競争させます。

例えばB社が「56万円で買い取ります」と言ってきたら、D社に「B社は56万でしたが、それ以上で買い取って頂けますか?」と聞いて、B社とD社で競争させて、どちらかが白旗を揚げたら、売り先+金額を決めて売ってください。

これで数十万円変わったりすることもありますので。

 

 

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加