査定の相場と実際の金額の違い

査定の相場と実際の査定額は、ほぼ同じと思いきや、下取りか買取専門店かで違いますし、買取専門店の間でもかなり変わってきます。

ディーラーの査定相場シミュレータはわざと高く出してきたりします。

だいたい予想をつけるよりも、簡単に売値を調べられるので調べてみては?という話です。

中古車は一点物

中古車は一台一台違います。走行距離がだいたい同じで、型式も同じ車があったとしても、運転の仕方によって車のパーツの消耗度合いも全く変わってきますし、喫煙禁煙でも変わります。シートの状態やインテリアの状態など、同じものは存在しません。

ディーラーの査定相場は信用できない

TOYOTAやNISSANは、買取価格シミュレーターを用意しています。車種と走行距離を入力すれば、おおよその買取価格を算出してくれるという物です。

「メーカーが出してくれているシステムだし、これで調べれば良いんじゃない?」と思うかも知れませんが、このシステムはかなりいい加減だと思ってください。

中古車の相場は車種と年式以外に、その車種の人気度合いを重視します。それがメーカーだと「うちのメーカーだから人気あるよね?」って主観が入ってるんです。

中古車相場は、中古車オークション業者が、今の市場はどの車種がどれくらい人気があってどれくらい売れるのかということを詳しく調べています。メーカーはそんな市場を無視して「いくらだったらいいな」という理想に過ぎない価格を出してくるんです。

下取りは総じて低い

下取りにだしてしまうと、中古車の相場よりも低く見積もられてしまいます。

主な理由は、ディーラーは新車を売る店なので、中古車については詳しくないことと、既に新車を買ってくれることが分かっているので、「じゃあ下取りやめます」といわれても痛くもかゆくもないからです。

中古車相場よりも低い価格で買い取って、そのまま中古車オークションに流してしまえば手数料を差し引いても黒字になるわけですから。本来の業務は「新車を売ること」なので、中古車にそこまで人的コストをかけてられないという社内の事情があります。

買取は店毎で査定額が変わる

一方車の買取の場合はその店の査定員がきちんと査定するので、その買取店の査定の方針によって一台一台の査定額が変わってきます。大手であれば強気に出て査定額を低く出してきたり、人気車種で売れることが分かっていれば、査定額を高めに出してくれたりもします。

在庫状況によって変わる

人気車種が中古車販売店に在庫がない場合は、少し高くても買い取ってくれたりします。このような場合は中古車の査定額も上がります。しかし、在庫状況は毎日変わるものですし、

査定に出してみないと分からない

結局は、査定に出してみないと分からないと言うことです。

一括査定サービスを使えば、車種と住所を入力すれば、ちかくの買取業者に査定依頼をだして、すぐに車の買取価格を調べることが出来ます。

相場を調べる方が確かに簡単ですが、実際の売値を調べるのも実は凄く簡単なんですよ。

 

 

 

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加