オプションは査定額にどう影響する?

オプションが査定額にどう影響するのかって話です。

 

メーカーオプションとディーラーオプション

オプションといっても、いくつかの種類があります

メーカーオプション

サンルーフ、本革シートなど、新車購入時のみにつけることができるオプション。

工場で車を組み立てるときに一緒に組み付けるため、購入後は取り付けることができない。

ディーラーオプション

フロアマットやシートカバー、カーナビなど、納車時にディーラーで取り付けることができるオプション。

あとで取り付け、取り外しが可能

メーカーオプションはそのままに、ディーラーオプションはヤフオクで売る!

取り外せる物は取り外してしまいましょうという話です。

今やYahoo!オークションなどで個人でも手軽に売買ができるようになっていて、

車のパーツもかなり盛んに取引されています。

外装・エアロ(2,053,331点)

マフラー(437,210点)

カーナビ(195,573点)

などなど・・・(2015年5月調べYahoo!オークションより)

「良いパーツなら査定額もそれなりにアップしてくれるんじゃないの?」と思うかも知れませんが、

実はどんなに良いオプションをつけていたとしても、さほど査定額がアップすることはありません。

人気の高いオプションであればあるほどむしろヤフオクの方がそのパーツだけが欲しい人とかがいたりして、

ずっと高く売れたりしますから。

マニアックなパーツや、行き過ぎたドレスアップパーツになると、むしろ査定額を下げられてしまう要因にもなりかねないです。

そこはおとなしく標準パーツに戻しておくのが良いです。

 

ちなみにメーカーオプションは、外すのにも工賃がかかったりするため、そのままで良いです。

車を高く売るために踏むべき3ステップ

1.自分のパーツの相場を知る

まず、自分のパーツが相場がいくらなのかを調べましょう。

過去オークションでいくらで取引されていたのかを調べるのが一番良いです。

そこでaucfanというサイトを利用することをお勧めします。

オークションで実際取引のあった品物、価格を過去30日まで調べることができます。

 

過去30日しか見れないので、もっと見たい場合は有料に登録する必要がありますが。。。

2.見積もるときは「オプション外します」のひとことを!

中古車ディーラーに見積もってもらうときは、「ディーラーオプションは外します」と伝えておいてください。

最初にそのまま見積もってもらうと、あとでオプションをはずそうとしたときに見積査定額から減額されていってしまいます。

まずその価格が正当以上下げられたりします。

また、複数社で査定するときは混乱しがちになってしまいます。

なので、先にオプションを外すことを伝えてください。

そして見積後にオプションがあった場合はどれくらいあげてもらえるのか聞いてください。

そうすることで、中古車ディーラーがそのオプションパーツをいくらで買い取ってくれるのかを調べることができます。

3.パーツの相場と査定額を比べる

価格同士を比較してみて、高い方を選んで行きましょう。

オークションで売った方が高くなることがほとんどです。

どれくらい得するのかがはっきり分かるので、オークションに出す気持ちも強くなるでしょう。

 

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加