新車が決まり、下取りしてもらう前にすべきこと

新車に買い換えるとき、乗っていた車をディーラーに引き取ってもらうことが多いです。
下取りが一番楽ですが、ちょっと工夫するだけで下取り額がアップします。
その方法は・・・

新車に買い換えるときはまず、新車ディーラーに下取りしてもらうことを考えますよね。

車で新車ディーラーまで行き、その場で車を乗り換えて面倒なことは一切しなくて良いです。

下取り額についても、「ここで新車を買うんだから、下取り車もちょっと多めに査定してくれるんじゃないの?」

と思うことでしょう。

確かにその場で下取りしてもらうことが一番楽ですし、新車もその分値引きしてもらえます。

でも全てディーラーだけに任せるだけでは損をしていることがほとんどです。

買取店+ディーラーをうまく利用することで5万円以上、多くて70万円前後オトクに車を買えたりします。

今回はその方法についてお教えします。

 

下取りと買い取りの違い

下取り

新しく新車や中古車を買うとき、そのお店に今まで乗っていた車を引き取ってもらうこと。

直接下取り額を現金でもらうのではなく、新車購入時の割引として充てられます。

新車ディーラーは中古車販売が得意でないため相場より下回ることがほとんど。

ディーラーが車を運んできて、古い車を引き取っていくため、車に乗れない期間がなく、一番楽です。

買い取り

次に乗る車のこととは関係なく直接買取業者に車を売却すること。

下取りと比べ、オプションパーツや車種・色など、中古車相場の価格が反映されやすい。

複数の買取業者に見積もってもらうことで、一番高い値段で売却することができる。

ただし中古車相場は変動が激しいため、最初の見積から期間があくと再査定され価格が下がることもあります。

短期勝負になります。

 

新車に買い換える時、損をしないためにすべきこと

1社だけに見積を任せることはしない

新車ディーラーは中古車の販売力が弱く、販売力が弱いと査定額を相場より低くつけなければ利益を出せません。

ですので、新車ディーラーは基本的に査定額が相場より低いと思ってください。

また何より、一社だけ見積もってもらうだけだと損をしてしまいます。

このことは↓↓こちらに↓↓詳しく書いてあります。

1社だけの見積依頼はキケン!

 

中古車相場を知っておく

一括見積等を利用すれば、無料でカンタンに愛車の中古車相場を調べることができます。

1円でも高く売れれば、新車をもっと安く買えることになるので、ここはしっかりやっておきたいですね。

 

ディーラーでは値下げもしてもらいつつ、一括見積で愛車を中古車相場相応、もしくはそれ以上の額で買い取ってもらう。

新車納車と引き取り日を同じにすれば、その日のうちに乗り換えることができるので、さほど苦労しないでしょう。

 

ディーラーのみ利用する場合でも、愛車の中古車相場を知っておくことで、下取り額を交渉できます。

「この車、相場がこれくらいなんだけど、この価格で買い取ってもらえないかな?」みたいに聞いても良いでしょう。

 

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加