買取専門店で売る

kaitorigyousha

下取りに出すよりも買取業者に査定して貰う方が、高く査定してくれます。

買取業者は中古車販売のプロなので、その車に相応しいギリギリ高い査定をしてくれます。しかし、こちらも知るべきことを知っておかないと損をしてしまうかも。

 

続きを読む

PHEVのロングセラー アウトランダーPHEV

outlander_phev

 

 

SUV史上最重量級

アウトランダーのガソリンモデルが1480kgなのに対して、PHEVモデルはなんと1820kg。その差なんと340kg!

SUVは1600kg帯が多いので、2tにちかいこのアウトランダーPHEVは最重量級。

ハイブリッド機構、モーター、バッテリーで320kgもある計算です。

とくに、家庭用電源で充電して、モーターだけで走る車なので、モーターとバッテリーはかなり大型のものを使っています。

タイヤなどの消耗ペースも速いと感じてしまうかも。。

バッテリーの寿命はメーカー公称値よりも実測値の方が良いほどなので気にしなくて良いです。

三菱重工は重電系につよいのでその影響が自動車にも出ていますね。

No1ではなく、オンリー1

アウトランダーは、スポーツカーと高燃費車の中間のような存在の車です。

スポーツのような走りを求めるならスバルのレガシィアウトバックありますし、低燃費を求めるならばHONDAのVEZELがリッター27.0km/Lで適いません。

しかし、レガシイよりも遥かに燃費は良く、VEZELよりも大型です。EV走行は静かで加速もスムーズで、一度体験したら驚いてやみつきになるかも?

どの分野でもNo.1ではないけれど、オンリー1の車種であることは間違いないです。

急勾配の上り坂はきっつい

実はこのアウトランダーPHEVはミッションを持っていません。すべてモーターで動いているので、急勾配の上り坂では十分な速度が出ません。

沢山運転するようになる

PHEVはEVモードがあり、エンジンは普段作動していません。そのためガソリンもほとんど使いません。

バッテリーが切れそうになったとき、暖房などで電気使用量が大幅に増えたときにエンジンがかかるくらいで、20km往復くらいであれば、うまく運転すればエンジンに始動をかけることなく往復できちゃいます。

家庭用電源で充電するならば、燃料費が約1/4になります。これは普通のハイブリッドカーでも出せない数字です。

運転してもガソリン代がほとんどかからないと言うことで、このアウトランダーPHEVを購入した人達は車で出かけることが増えたという人が結構います。

夜間の方が電気代が安いですから、その時間に充電するなどの工夫をするともっとエネルギー代が安くなりますよね。

中古車はバッテリーがへたっているリスクも考える

アウトランダーPHEVは中古車を買うときには気をつけないといけません。

バッテリーの容量が燃費に大きく影響するので、中古車を買った場合は燃費が下がると思っておいた方が良いです。バッテリーだけで60万しますから、へたっている状態で買ってしまったら交換となり、かなりの費用がかかることになります。

バッテリー容量低下時にエンジンによる発電で走行は可能とありますが、バッテリー容量がないと、通常EVモードでは40km走れたのが、どんどん下がるしかなくなってしまいます。

 

 

 

本当の4WD レガシィ アウトバック

legacy

高級セダンのレガシィB4のSUVモデル レガシイアウトバック。オフロードも走れて、ワゴンの室内空間を持っています。燃費は他車が良すぎて悪く見えてしまうのが残念。常時4WDは、どんな道でも思うように曲がってくれます。

ファミリーカーからちょっと贅沢して本物の走りを体験したいならレガシィ アウトバックはおすすめです!

レガシィの燃費は良くない

レガシィのエンジンは、水平対向エンジンというタイプで、その特性上燃費は良くありません。燃費のメーカー公称値14.6km/LはSUVの中ではワースト。

比較的には悪いとしても、エコカー減税の40%減税対象になっているため、維持費を気にするかどうかは本人次第なところもあります。

冬道・雪道ならスバルの4WD

元々SUVは悪路や雪道などを問題なく走れる車という位置づけのため、4WDが主流でした。

日本では道路がしっかり整備されているので、悪路という悪路はほぼないでしょう。

また、2WDと比べると4WDの燃費は悪いです。

ですので、雪道や悪路を走ることがなく、燃費を気にするような場合は、2WDを用意している他車種が良いです。

しかし、4WDが必須という場合にはスバルの4WDをオススメしたいです。

インプレッサWRXはじめ、スバルの4WDは定評があります。他の車種が、2WDのモデルに4WDを加えるような形で設計しているのに対して、スバルは4WDを前提に設計していることがあります。

路面状況によっては4WDの方が燃費が良くなる

4WDは、雪道やぬかるみ路などの摩擦の低い道路では2WDとくらべて燃費が良くなりますが、

通常の道路では4つのタイヤを動かす動力が必要なのでどうしても燃費は悪くなります。

荷室は広い

レガシィアウトバックの形状は、SUVというよりもどちらかというとワゴンをSUVにしたというイメージが強いです。

後方の広がりが通常のSUVよりも広いので、荷室は広めです。

車中泊もOK

後部座席を倒せば、トランクルームとフラットで繋がるので、薄いマットさえ敷けばデコボコしなくなります。

荷物を全て前の座席に置けば大人二人は足を伸ばせます。

横幅も広いので、5才未満の子供なら乗せられるかも…

内装は妥協

内装はスバルクオリティと言うことで。スバルは乗り心地や走行性能を重視しているので、デザインや質感はよくも悪くもスバルらしいものになっています。

その中でもレガシイは頑張った方です。

 

 

 

 

TOYOTAの高級SUV ハリアー

harrier

ハリアーは高級SUVのパイオニア。セダンよりも運転しやすく、通常のSUVと比較すると内装外装の高級感が全く別物です。

実際に悪路を走ると言うよりは、男らしくカッコいい車として人気があります。

ハリアーと良く比較される車

MAZDA CX-5、三菱アウトランダー

男らしく、カッコ良い高級SUV

SUVは元々悪路を走りやすく車高を高くした,オフロード用の車でした。トヨタのランドクルーザーやジープなど。

オフロード車は車体が大きくて車高が高いです。そのため街乗りでは駐車場などで苦労することが多かったのが問題でした。

そこでオフロード車をよりコンパクトにして街乗りしやすくしたトヨタのRAV4、ホンダのCR-Vが、スキーやキャンプなどアウトドアが好きな若年層にヒットして、街乗りSUVとして新たなカテゴリを作って来ました。

 

SUV=若者というイメージだったものに、高級車としてブランディングしたのがハリアーです。

ライバルにはCX-5やアウトランダーがいますが、高級感ではハリアーの圧勝。

走り=CX-5、居住空間=アウトランダーとなります。

また、通常のSUV エクストレイルやジューク、パジェロと比較すると、外装・内装の志向が違います。

本当に比べるならば、レクサスのRX(400万~)などになるかと。

セダンよりも運転しやすい

セダンよりも車高が高いので運転手の視野も高くなり、周りを見渡しやすくなるため運転しやすくなります。

2リットルエンジンを積んでいるため出力も十分で

燃費は良くなってきている

以前は車体は大きい、燃費は悪いというイメージが強かったSUVも、近年のエコの流れに乗って低燃費化が進んでいます。このハリアーも16.0km/Lと、以前10km/L行けば燃費が良い方だったSUVに比べられないほど改善してきています。

エコカー減税も40%減税対象車となっているので、節税にもなります。

 

4WDよりFF車が人気

海外でのSUVは砂漠や岩場、舗装されていない道路など、悪路を走るのが前提なのでSUV=4WDが常識です。

しかし日本ではほとんどの道路が舗装されているため、必ずしも4WDが必要でない場合が多いです。

4WDはトルクは上がりますが、その分燃費が悪くなってしまうので、エコが騒がれている今尚更、

普段は街乗りで、とある期間だけ山道を走ることがあるなどといった場合はFF車を選ぶ人が多いです。

室内はセダン並み

5人乗りSUVは、十分な室内食うガンがある車種が多いのですが、

ハリアーは高級志向としているのもあってか、室内空間はコンパクトにとどめています。

その分トランクは広いのですが、他のSUVと比較するとどうしても狭く感じてしまいます。

セダンより揺れる

ハリアーはセダンよりも車高が高い分、左右の旋回時に揺れてしまいます。

車体も安く燃費はそこそこ日産マーチ

march

日産マーチは、ヴィッツとフィットの中間。ルノーを取り込んだデザインは個性的で、好きな人はこれが良い。性能はほぼ横ばい。最安モデルよりアイドリングストップ機構が付いたリッター23.okm/Lも走るXモデルが一番お買い得。40%減税対象。

続きを読む