切れてからじゃ遅い。タイミングベルトは切れる前に交換

タイミングベルトはいつ切れるか分からないもの。走行中に切れるとブレーキが効かなくなり大事故に繋がる可能性も。

無事だったとしても、エンジンも壊れている可能性が高く、修理費が跳ね上がります。

切れる前に交換しましょう


走行中にタイミングベルトが切れる危険性

もし走行中にタイミングベルトが切れた場合、突然エンジンが止まり、ブレーキアシストが機能せずブレーキがほとんど効かなくなるのでキケンです。もし高速道路でスピードを出していたり、下り坂を下っているときに切れてしまったら、自分の足とブレーキの力だけで車を止めないといけなくなり、大事故に繋がる危険もあります。

エンジン交換が必要になることも

走行中にタイミングベルトが切れてしまったら、多くの場合エンジン本体のカムやバルブも壊れてしまいます。カムやバルブが壊れると修理費が20万円前後かかるようになってしまうどころか、エンジン交換が必要になってしまうこともあります。

タイミングベルトは切れる前に交換しましょう。

タイミングベルトの修理費用

10万km走ったら交換を

本来来は15-20万km走れるように設計されているが、ドライバーの運転方法や運用状況でそこまでは持たないです。タクシードライバーは車に優しく運転するのでそれくらいは持たせることができたりします。
早めの10万kmで交換が安心です。ベルト自体の価格は2-3000円なのですが、エンジンの横にくっついているパーツなので、エンジンを一旦外して取り付けないといけません。なので工費がかかって、だいたい1回6万円前後かかります。軽自動車の場合は2-3万円で済みます。(詳しくはお近くの電装店や修理店へ)

車検のついでに交換は、実はもったいない
逆を言えば、タイミングベルトは10万kmはもつものです。

車検でよく「各パーツをみましたが、タイミングベルトが傷んでいたので交換しました。」と言われたりします。

10万kmくらい走っている場合は、他のパーツの交換と一緒にやってしまった方が工費も安く済むので是非やったほうがいいです。

しかし、6-7万kmしか走っていないのに交換してしまうと、とてももったいないです。10万kmで6万円と考えると、2-3万円の損です。

10万kmくらいになってから別途交換をお願いした方がオトクです。

タイミングベルトが切れないか心配な場合

場合によっては10万km以上走っているのにお金がなくて交換できないという人もいると思いますので、タイミングベルトが切れないように運転する方法を教えます。

タイミングベルトは急激に走り出すときに切れやすいので、ゆっくり走り出すようにしてください。アクセルをゆっくり踏むということです。

 

 

大きな事故に繋がることもあるので、15-20万km持つタイミングベルトですが10万km走ったら交換するようにしましょう。

といっても6万円かかるので、場合によっては車を乗り換えてしまった方が良いかもしれませんね。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加