車の燃費と故障の関係

エンジンに関わる部品の故障は、「燃費が悪くなる」という形で現れてきます。

何かエンジンの調子が悪い気がしたら、何か対策した方が良いかもしれません

スパーク機能の低下が燃費の低下

エンジンは電気のスパークで点火します。何かのパーツの故障によってこのスパークの性能が低下してしまうと、十分にエンジンで点火できず、燃費が悪くなってしまうというのが根本的な理由です。

では、どのようなパーツがスパーク性能に影響を与えるのか見てみましょう。

ハイテンションコードからのリーク

ハイテンションコードとは、バッテリーからエンジンにスパークを送るケーブルです。

このコードが劣化して電気が漏れていたら、エンジンの点火を十分にできなくなってしまいます。

コードを交換することで修理することができます。

プラグキャップの絶縁性能の低下

ハイテンションコードとエンジンをつなぐ部分のキャップです。このキャップが絶縁することで、コードに流れてきた電気を直接エンジン内部に送ることができるのですが、このキャップの絶縁性能が下がってしまうと、点火時のスパークが外へ逃げてしまい、十分にエンジンを点火できなくなります。

プラグキャップが一度リークすると、電気の跡が残ります。一度リークしてしまうと、そこに電流が流れやすくなる癖が付いてしまうため、リークしたプラグキャップは交換してください。

バッテリーの機能低下

バッテリーの機能が低下し、起電力を十分に作り出すことができなくなると、エンジンに送るスパーク自体の力が弱くなってしまいます。送るスパークが弱くなると、ハイテンションコードやプラグキャップに問題がなくとも、十分にスパークを作り出せず、エンジンの性能が低下します。

また、バッテリーの充電機能が劣化して、電圧を十分維持できなくなってしまった場合、どんなに充電しても、電圧が上がらないため、電圧を上げようとエンジンがフル稼働で発電しようとします。そうなると、必要以上にエンジンが稼働してしまい、これも燃費低下に大きく影響してしまいます。

バッテリー交換することで解決できます。

 

 

燃費が悪くなるだけじゃない

ハイテンションコードからのリーク、プラグキャップの絶縁性能低下、バッテリーの劣化、これらは燃費が悪くなるだけではなく、以下のようなトラブルが発生する原因となり得ます。

  • 晴天時は問題ないのに、雨天時にエンジンがかからない
  • バッテリーが上がりやすく、そもそもエンジンをかけることができない
  • エンジンが全くかからなくなる

 

エンジン自体が故障してしまったら廃車にするしかありませんが、この辺りのパーツが故障した分には、交換修理することでエンジンを延命させることができます。

ちょっと調子が悪いけど、まぁなんとか動くから……

と油断していると、いつの日か突然車が廃車になってしまうかも知れませんよ?

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加