燃費が悪くなってきた。エンジンオイルでも交換するか。

エンジンオイルの役目は、エンジンを滑らかに動かす潤滑油です。

でもそれだけじゃなくてエンジンを洗うという大きな役割も果たしてくれます。

エンジンオイルが少なかったり汚れたまま走ると、エンジンの寿命が縮みます。

燃費が悪くなってきたり、オイルランプが点滅する前に安くていいものをネット通販で交換しましょう。

エンジンを綺麗にする役割もある

エンジンオイルは、エンジンがスムーズに動くようにする潤滑油と考えられがちですが、

それ以外にもエンジンを洗うという大きな役割を果たしています。

エンジンは、ガソリンを爆発させたときに出るすすなどで汚れて行ってしまうため、

エンジンオイルが少なかったり、汚れたままにすると、エンジンの動きが鈍くなって燃費が下がってしまうだけでなく、エンジン自体が傷つき、エンジンの寿命を縮めてしまいます。

 

エンジンオイルのメンテナンス

エンジンが動かなくなるとほぼ廃車となるので、エンジンはなるべくメンテナンスした方が良いです。

エンジンオイルが足りない

エンジンオイルが足りないと、エンジンがうまく潤滑せず燃費が悪くなるし、汚れも十分に落とすことができなくなるので、スラッジが溜まってさらに燃費の悪化を加速します。ラジエーターでも冷やしきれなくなるくらい熱くなるため、焼き付けを起こし、最悪止まってしまうことも。エンジンオイルが足りない場合はすぐに足しましょう。

エンジンオイルが汚れた

エンジンオイルは走行距離とともにどんどん汚れていきます。

エンジンオイルが汚れすぎると、元々の潤滑の機能が下がってしまうだけでなく、エンジンの汚れも落とすことができなくなるので、相乗効果でエンジンを痛めつけます。

エンジンオイルを入れすぎた

エンジンオイルを入れすぎると、他の部分にオイルが漏れて車にとってろくなことになりません。

エアクリーナーに進入したら吸気機能がさがってしまいますし、燃費が悪くなったり、漏れたオイルが焼けてマフラーやバンパーに黒いすすとしてこびりついたりします。

油汚れなので水洗いではなかなか取れないですし、場合によっては周りにまき散らしたりすることになります。オイルが漏れていた車の後ろを走ってフロントガラスが油だらけなんてことも。

せいぜいメーターの5mm上までに抑えておきましょう。

エンジンオイル交換してすぐ汚れるのは問題ない

たまにエンジンオイルを交換したばかりなのに、別件でエンジンオイルをのぞいてみたらとてつもなく汚れていた!実は交換してくれなかったんじゃないか!って話があったりします。

でも、エンジンオイルはぞうきんの役割を果たしています。

白いぞうきんも掃除すると汚くなり、掃除した部分がその分綺麗になるように、エンジンオイルもオイル交換するとエンジンの汚れを落とすので汚くなり、エンジンは綺麗になります。

高いオイルを長く使うより、安いオイルを1年ごとに交換を

エンジンオイルは様々な種類が出ていますが、

普通に乗っている分にはどのオイルもドングリの背比べです。

エンジンオイルの寿命は良いオイルだからと行って長いことはないので、

8000円のオイルを2年ごとに使うより、4000円のオイルを1年ごとに交換した方がエンジンにとってはずっと良いです。

ネット通販で安く買えますから、毎年オイル交換してみてはいかがでしょうか。

 

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加