エンジンは最後に壊れる

エンジンが動かない!?

そうなったらもう廃車にして、次の車に乗り換えた方が良いです。

エンジンを交換しても、エンジンを守る機能が壊れていたらまた同じ理由で壊れますから…

車のエンジンは最後に壊れる

いわずもがな車の中核はエンジンです。エンジンが壊れる=廃車といってもいいですよね。

そのため、車にはエンジンが壊れないように様々な工夫がされています。

日本製のエンジンは、かなり長い距離を走れるように作られています。

タクシーは50万km走るし、普通車でも20万km走れるように設計されています。

その距離を走る前にエンジンが壊れてしまうと言うことは、それ以外のパーツがどこかおかしいと疑った方が良いです。

エンジンが壊れたら素直に乗り換えを

エンジンを交換するにはかなりの費用がかかります。

本体代金と工費合わせて20-30万円は覚悟してください。

先にもいいましたように、エンジンが壊れたと言うことはエンジンを守るパーツが壊れたことが原因になっていることが多いです。そのような状態でエンジンだけ交換してもまた同じ理由で壊れる可能性も高いですし、故障部分を全て修理する方がいいです。

エンジンと、その周りのラジエーターやエンジンオイル交換、チューブのメンテナンスなど、

エンジン周りのパーツも交換すると、全部合わせて30-40万円になります。

40万円あれば、少し上乗せするだけで中古の軽自動車を買えてしまいますよね。

エンジンが壊れたなら素直に乗り換えを検討しましょう。

エンジンが動かない車も高く買い取って貰える方法がある

エンジンが動かなくても、廃車にする必要はありません。

廃車にすると廃車費用がかかってしまいます。

新しく車を買わないといけないのに、さらに費用がかかるのもいやですよね。

でも、エンジンが動かない車で高く買い取って貰える方法があります。

車種によっては、パーツごとでも需要があるものがあるので、

一度査定に出してみてください。

一括査定に出してみる

エンジンが動かない車でも、一括査定に出せば、8者くらいに一度に査定を依頼できて、

一番高いところに売ることができます。

査定する業者によって在庫状況が違ったりするので、ちょうど欲しかった。という場合があれば数万円高く売れたりすることもあります。

無料一括査定サービスに依頼すれば、無料でできるし、自宅まで業者が来てくれるので、エンジンが動かない状態でもOKです。

 

車を乗り換えるコツ

車を乗り換えるときは、新モデルは避けて置いた方が無難です。

それよりも、新モデルが出たあと、マイナーチェンジを何度か繰り返しているモデルがお薦めです。

新モデルよりも、いくつか改良点を改善したあとなので、長持ちするからです。

エンジンが壊れてしまったらその車が寿命だと思ってください。

また、新しく車を乗り換えるときは、エンジンが長生きできるように大切に扱ってくださいね!

 

 

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加