査定額をする人によって価格は変わるの?

クルマを見積もってもらいたいけど、もし担当者がハズレたらどうしよう。

気持ちも良くないし、査定額も納得いかないまま契約させられそう…なんて不安に思っていませんか?

あなたも気持ちよく最高額、担当者も気分良く契約できる方法教えます。

担当者によって査定額は変わります

買収会社は独自で参考車両価格を持っています。「その車両は今はこれくらいで売れ」という会社からの命令で、

わかりやすく言い換えると、「担当者がこっそり設定している基本査定額」です。

ここから大きくぶれた価格で査定されることはほとんどありません。

しかし、この基本査定額はあくまで「基本」です。

実は利益の取れるギリギリのラインはまだ上にあるんです。

これを担当者は「カード」として、お客さんであるあなたには隠して査定に臨みます。

あなたが交渉力があるなら、担当者はこのカードを仕方なく少しずつ出していって、

あなたが納得した時点でカードは出し終わって、契約成立になる流れです。

つまり、担当者によって、言い換えると「あなたと担当者の相性」によってこのカードを出す枚数は変わり、

査定額は変わってきます。

あなたはどうしたら満足?

あなたが満足できるポイントは2つあります。

買収会社が独自で持っている参考車両価格以上にする

最低ラインとしてこれがあります。一社で見積もってしまった場合、この価格より査定額を下げられて、その差額は全て「担当者の手柄」になってしまいます。

気分良くありませんね(笑)

これを避けるためにも、必ず「複数社による一括見積」は行いましょう。

これだけで、買収会社が独自で持っている参考車両価格は出さざるを得なくなります。

担当者のカードを全て出させる

参考車両価格に、担当のカードが加わって査定額が決まります。

車を高く売ると言うことは、担当者が持っているカードを全て出させると言うことです。

普通に考えると、クルマ買収の素人がプロ相手にカードを全て出させるのって凄く難しい気がしますよね。

でも、担当者のことを考えてあげると結構うまくいったりするんです。

担当者が臨んでいることをしてあげることが、カードを出させるポイントになります。

担当者の望むこと

担当者は「その日に契約したい」と思っています。査定するだけで時間がかかるので、査定契約が伸びるだけでその担当にとっては負担になるんですよね。

だから、「もうちょっと考えるんで待ってください」は、担当者にとってはきついひとことだったりするんです。

一括査定では良くあることですが。

でもそうすると、相手も時間というコストがかかっているので、手持ちのカードを出し惜しみするようになってしまいます。

これでは良くないですよね。

じゃあどうするの?

同じ日、同じ時間に全社を集めて一括見積

答えはこれです。一括見積をしてもらうとき、全社同じ日同じ時間に集まってもらいましょう。

そして、あなたからひとこと約束してください

「今日、見積額が一番高かった業者さんと、今日契約します」

これだけでディーラー担当者さん達はカードを出してでも今日契約しようと思うんです。

最低落札価格を決めておくこと(言わないけど)

ディーラー担当者さんが言わないけどだいたいの買収価格を持っておくように、

あなたももっておいてください。

これがなければ、業者同士で談合され、安い価格で契約してしまう可能性が出てきてしまうので。

同じ年式、走行距離のオークションの取引額を調べ、それに5-10万円足してください。

実はこれだけであなたの車の買収価格の参考値を調べることが出来ちゃいます。(あんまり言わないけど)

 

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加