車売却時にローンが残っている車は売れるの?

新車が欲しいけど、今乗っている車のローンが未だ残っている。そういうときも車は売れるのでしょうか?

もちろん売れます!買収額をローン返済に充てれば、実質負担なく新車を買うこともできます。

どういう仕組みなのかというと・・・

所有権留保を解除すればOK!

ローンで車を買うと、所有権が留保されます。(クルマの所有者がクレジット会社やディーラーになっているということです。)

一部、オークションや個人売買で「名義変更不可」とかいう表記みたことありますかね?

「金融車」といわれるもので、通常の半額で安く買えますが、盗難車だったり、警察沙汰になることも、、、

自分の所有ではないクルマを売ることはできないようになっています。

しかし逆を言えば、ローンを完済してしまえば所有権留保が解除でき、車を売ることができるようになります。

クルマの買収額をローン返済に充てることだってできちゃいますよ!

そのままでも売ることができますが、金融車扱いになって、査定額も大幅に下がってしまいます。

決して面倒くさがることのないように。。

残価設定型ローンの場合もOK!

残価設定型ローンとは

ローン完済後の下取り価格を「残価」として、新車購入時の車両価格からその残価を差し引いた金額をローンで返済すれば良いという仕組みです。

ローン期間を返済者が決め、車種やローン期間に基づいてディーラーが残価を決めます。

残価の方式によって価格が変わる

保障方式:新車購入時にディーラーが設定した価格が残価となる

査定価格方式:手放すときの査定価格が残価となる 見積が安くなった場合は差額を払う必要がある

残額でローンを組む場合は、残額を引く前の価格に対して金利がかかるので、余計にかかることになります。

目安としては、ローンの残債と残額が同じくらいになったときに、一括見積査定などを行って、

 

売却時には、所有権留保解除の手続きが必要

簡単に言うと、ローンを組むと所有者がディーラーやクレジット会社になっている場合があるので、このままでは売ることができません。

ローンを完済し、自分の名義に戻す必要があります。

  1. 自動車税の完納…都道府県税事務所で1年分の自動車税を支払い、「自動車納税証明書」を交付してもらいます。
  2. 所有権解除書類の取得…現在車を保有しているディーラーやクレジット会社に委任状などの書類を送付し、承諾書、完済証明書をもらいましょう
  3. 名義変更の手続き…陸運局にて移転登録の手続きを行う
    1. 車を手放すことが決まっている場合は、本人所有にせず、買収先のディーラーへ名義変更手続きと同じステップを踏んでください。

現在の愛車の相場を知っておく

ローンの残額よりも高く売ることができれば、新車購入時に差額を充てることもできます。

新車をより安く買えるかもしれないと言うことですね。

一括見積もりは無料でできます。

査定に来てもらわなくとも、ざっくり今の愛車の価格が分かるので、

車を乗り換えるタイミングとして今はどうなのか、一度申し込んで様子をみてみるのも良いかも知れません。

乗り換えるつもりならば、一括見積査定を出して、業者に見積もってもらうことは必須ですけどね!

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加