中古車を売ったあと、税金還付は受けられるの?

車を持つにも税金がかかりますよね。1年ごとに払ったりするので、車を売る次期によっては還付を受けられたりします。

デモ確認しておかないとソンしちゃうこともあるんです。。。

中古車を売るときにかかる税金

車の税金にも色々ありますが、その中で還付される可能性のある税金について見てみましょう。

 自動車税

  自動車税は4月1日に1年分を一括で払っています。車を売ると、オーナーが変わるので、売った月もしくは翌月からの自動車税は新オーナーが払わなければならなくなります。そして旧オーナーは払う必要がなくなるので、余分に払った武運を還付してくれます。

3月下旬に売った場合は注意が必要です。4月1日時点での所有者・使用者に通知されます。 もし、  買取店の移転登録が4月2日以降になったら、自動車税の納付通知が来ることになって、新年度の自動車税を支払わなければなくなってしまいます。そのようなときはすぐにディーラーに連絡をしてください

 自動車重量税

  廃車の場合は還付されますが、中古車として売る場合は還付されません。

  解体届出

 永久抹消登録申請

 ディーラーが解体後に還付申請書を運輸支局に提出。提出して2ヶ月で銀行に振り込まれます。  3月に解体すると、重量税の残りが1ヶ月未満なので、還元されません。

軽自動車は自動車税の還付制度がない

軽自動車は もともと税額が安く設定されているので、どんな場合でも自動車税は戻ってこないとのことです。

【ポイント】買取店に必ず確認を

買取店に必ず確認してください。

「査定額に還付される金額が含まれるかどうか」

含まれる場合は、売ってから次の4月までの税金分を月割でもらえるので、その額についてもきちんと聞くようにしてください。

含まれない場合は、自分で還付手続きをする必要があります。こちらについてもいくらの還付を受けることができるのか、説明をきちんと受けてください。

還付金額については、 4月に売れば沢山返してもらえて、3月に売ったら1円も返してもらえないと考えて貰えば良いです。

自動車税還付の手続き

査定額に還付金は含まれないと説明された場合は、自分で還付手続きをする必要があります。どのように還付されるかを紹介します。

  • 管轄の税務署から還付手続きの書類が送付される。
  • 金額が書いてあって、指定の金融機関に書類を持って行けばOK
  • 免許証など、簡単な本人確認書類だけでOK

これだけでOKです。

自動車税還付も受け取りつつ、さらに賢く車を売るコツ

自動車税がいくら戻るかも大事だけれど、5万円高く買ってくれるところは一括見積を行えばカンタンに見つけることができます。

自動車税もしっかり払い戻して貰って、高く売ってしまいましょう!

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加