新車・中古車の購入手続きに必要な書類って?自分が頑張れば値引きできるよ。

クルマを買おうとしてるけど、何が必要なのか分からない。色々面倒だから、ディーラーに任せちゃいたい。って方へ。

全部任せるなら、これを用意すれば良いです。

でも、それを自分でやるなら値引き交渉も出来ますよ、って話です。

本人が用意しなければならない必要書類

住民票

車検証に記載された住所が現住所と違う場合に、同一人物の転居を証明するために必要になる。転居を重ねている場合は、旧住所も必要。
市役所ですぐ発行できます。土休日でもOKなので、安心。
引っ越すついでに購入しようと思っている場合は再発行が必要になる。
状況が許すなら、引越後の住民登録が終わってから購入した方があとあと楽。

委任状

販売店に必要書類を用意してもらうために必要。
あなたが用意しないといけない書類を営業マンに任せますよ。という意思表示の書類。
全部自分でやることになるからそういう意味で必須。

実印

何かと使うので、必ず持って行くこと。
委任状には必須。なくてもいいけど、その場合は全部自分で(ry

印鑑証明書

名義を本人にしたいは必要

市役所へ行って印鑑登録→印鑑証明の発行
登録に200-500円、発行に200-400円
即日発行してくれる

ディーラーが名義人の場合は不要

通常のローンや残価設定ローンなどを組む時はディーラーが名義人になるので、住民票でOK。

自動車納税証明書

電子化できる自治体もある。電子化できれば、車検時に納税証明書を運輸支局等へ提出しなくても良くなる。
交付料は無料だから、電子化しといた方が良い。
車検を受けるときに必要な書類。急ぎではない

値引きしたいなら自分でやれ!

都市圏なら、政府がワンストップサービスとかやってるから便利だよ
代理発行=手数料がかかるよ
自分で出来るなら自分でやっちゃえば、値引き交渉できるよ

ディーラーが用意してくれる必要書類

自動車検査証(車検証)

例えるならばクルマの戸籍謄本。納車されたら所有名義を必ず確認する。任意保険の見積もりにも使うのでコピーを手元に置いておこう。
クルマの戸籍謄本のようなもの
納車時に名義確認・コピーは必須
自動車保険に加入するときに必要になる
再発行手数料は400円かかる。大切にね

譲渡証明書

クルマの売却時に必要な書類。
新車購入時は、車はメーカーの所有物。購入後にメーカーが発行した譲渡証明書をディーラーが受け取る
中古車の場合は前オーナーが発行した譲渡証明書をディーラーが持っている

自賠責保険証明書

車を買うとき入らなければならない保険
自分で契約したり、自分で発行したりする必要はない
ディーラーが代わりに手続きをやってくれて、
納車時に車検証と一緒に入れてくれている

車庫証明

クルマの保管場所を管轄する警察署に申請して、警察の確認後に交付される証明書。申請用紙は警察署にあり、自分で手続きできる。
これは、自分でカンタンに書けます。
車名はクルマの名称じゃなくて、メーカー
車検証に書いてある型式、車台番号を確認。大きさはcm単位で
Googleマップで距離を測れる
紹介サイトもあるよ

興味ある人はみてね

中古車購入時に必要な書類一覧

実印、印鑑証明書、車庫証明書、自動車検査証、委任状、譲渡証明書、住民票、

新車購入時に必要な書類一覧

完成検査修了証、自動車の新規登録手数料納付書、自動車の新規登録申請書、
所有者の印鑑証明書(本人orディーラー)、使用者の住民票(所有者と使用者が異なる場合に必要)
自動車保管場所証明書(車庫証明)、譲渡証明書(新車の場合は自動車メーカーが発行)、
自動車重量税納付書、自動車損害賠償責任保険証明書、リサイクル券、自動車税・自動車取得税申告書、実印

やっぱ色々ありすぎだね

車を買うことは、国から見ると色々と責任が発生することになっています。

いろんな書類を用意しなければならなくなります。

でも実際用意しようとすると、分かってしまえば面倒ではないので、

自分でやっちゃってみるのも良いかもしれませんよ。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加