動かない車でも売れるの?

事故で廃車になってしまった。水没で動かなくなった。
故障したけど修理するほどでもなく廃車にしたい。

こういうときってその車は売れるんでしょうか?


動かない車は廃車です

動かなくなった車は、修理する以外なら廃車するしかありません。しかし、廃車にする際には様々な手続きを踏まなければいけません。自動車税、自動車重量税などが課税されてしまうので、もう乗らないことを国に提出しないといけません。

では、廃車の手続きにはどのようなものがあるのでしょうか。

廃車の手続き

永久抹消登録

永久抹消登録とは、自動車を解体後や、災害で車がもう存在しない場合に必要な手続き。一般的な廃車はこっちのことを指します。

永久抹消登録の費用・手続き

印鑑証明書、委任状、車検証、ナンバープレート、移動報告番号が必要で、災害による紛失の場合は罹災証明書が必要です。費用は0-10万円前後かかることもあります。

  • 永久抹消登録申請書の用紙代100円
  • 引取代金:0-30000円
  • スクラップ代 0-30000円
  • 自動車リサイクル料金 7000-20000円
  • (既に支払い済の場合は不要)
  • 自分で廃車登録するのが面倒な場合は
  • 廃車代行手数料0-10000円
  • 車検が残っているなら重量税の還付をもらえる

一時抹消登録

中古ディーラーにナンバープレートなしでおいてある車がこれ。

  • オークションで売るとき
  • 工場だけで使う車
  • 海外出張などで長期保存したいとき

このような場合は一時抹消登録します。

一時抹消登録の費用・手続き

重量税の還付はありません。

また、車を置いておくスペースが必要です。(駐車場なら駐車場代金)

自分でナンバープレートを外して管理している陸運局に返却します。

  • 引取代0-30000円
  • 廃車代行費用0-10000円
  • ナンバープレートを自分で外す場合は引取代は不要

 

廃車するのにも、2-3万円取られる

このように、廃車にする時には結構な費用が必要になってきます。

タダでは何もできませんね。。

廃車費用を安く抑えるコツ

廃車するにしても費用がかかってしまいます。

しかし、賢くすることで費用を抑えることは出来ます。

廃車としてスクラップにした場合、金属材料としてだけの価値にしかなりませんが、

車種や状態によってはパーツとして部品単体で価値がある場合もあります。

こうしたことから、買取業者によって買取価格(廃車費用)が違ってきます。
ですので、いくつかの廃車業者、ディーラーに見積もりを出してみるのも手です。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加