TOYOTAの小型ミニバン WISH

WISHは、燃費の良さと室内の高級感がいいです。ハイブリッドにこそ負けるものの、燃費は最も良く、狭くなりがちな小型ミニバンの割りには広く感じる工夫がされています。

WISHと良く比較される車

HONDA フリード、ストリーム TOYOTA アイシス、MAZDAプレマシー、MPV

WISHの広さ

小型ミニバンの3列目はおまけ

小型ミニバンについて全般的に言えることですが、1列目、2列目は常用として設計されているので十分なレッグスペースがありゆったりできるのに対し3列目は大きな荷物を入れる用のスペースを空けておいてワゴンのように使うことが想定されています。子供が乗る分には問題ないですが、2世帯で乗るとき小さな子供を3列目に乗せることはあまりぜす、2列目に載せて大人が3列目にという使い方をする人が多いです。

ともなるとこれらの小型ミニバンでは3列目の大人が窮屈かなと思います。

3列目は非常用としておまけ程度だと思ったほうが良いです。

3列目を使うなら中型ミニバンを

もし3列目を1ヶ月で1回でも必ず使う,というのであれば、ワンサイズ上のノア/ヴォクシー、他社のHONDA ステップワゴンなどが+2-30万円で購入できます。

これから使う予定があるのであれば、少し高くなっても買って良かったと思える方にした方が賢明ですね。

WISHの価格

通常モデルで車両価格が200万円。諸経費込みで予算250万円あれば良いです。

上位モデルは2.0Lエンジンを積んでいて+50万円くらいします。

WISHの燃費と乗り心地

WISHの燃費

1.8Lエンジンだけれど、燃費は16.0km/Lとかなり良いほう。

また、数値の割りにパワフルなので、セダンの走りも残したいという場合にもオススメです。2リットルエンジンを積んだワンランク上の2.0Zモデルを選べば、間違いないです。

加速がスムーズになるだけでなく、サスペンションもトーションビーム方式からダブルウィッシュボーン方式に変わるので、ハンドリング性能もかなり上がります。

長時間のドライブや、後部座席の人達の疲れもかなり減るでしょう。ただし50万円ほど高く、燃費も14km/Lと下がりますし、300万円の小型ミニバンとなるとプレマシーやストリームの上位モデルだけでなく、オデッセイやエスティマなども選択肢に入ってきます。

WISHの乗り心地

室内空間はWISHは上質にできてます。プリウスほどではないけれど、ファミリーカーの中では高級感を感じられるのではないでしょうか。

自動車税は若干高め

エコカー減税対象外

WISHはエコカー減税対象外なので、自動車取得税、自動車税、自動車重量税はどうしても高くなってしまいます。

 

 

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加