トヨタ ヴェルファイア 

VIP専用リムジンを大きくした、大空間高級サルーンをコンセプトにしたヴェルファイア。

高級感溢れていて、社用車や贅沢なファミリーカーとして人気です。

高級なミニバンとして人気

センチュリーやレクサス、ベンツよりも広い大空間高級サルーンを目指しているヴェルファイア。

子供が二人以上の家族でちょっと贅沢したいというならヴェルファイアも良いんじゃないでしょうか。

ただし新車の価格は330万~と高め。

燃費は悪い

2.5リットルエンジンを積んでいて、車体が大きく車重も重いため、燃費は10km/lと悪いです。ミニバンに総じて言えることですが、これは仕方ないもの。ヴェルファイアにはハイブリッドのタイプもあるので、それならば燃費が約19km/lとミニバンの中ではトップクラス。(ただし本体車両が高額です…)

実際に買うのであれば、エンジンのタイプで十分です。

中古車なら150万前後~で手に入る

高級なヴェルファイアも、中古車ならばそこそこ安く買うことができます。

日産のエルグランド、同トヨタのアルファードと並んで中古車市場でも人気が高いです。

流通が盛んなので、酔いものを見つけたら早めに買わないとすぐに売れてしまうかも知れません。

快適に運転したいなら3.5lエンジンを

ヴェルファイアはエンジンを選べます。2.4lは170馬力なのに対して3.5lは280馬力もあります(国産市販車最大値)。加速も良く、快適に運転したいなら3.5lをお薦めします。

 

ダブルウィッシュボーン採用で大幅に快適に

2015年度モデル以前までヴェルファイアのサスペンションは酷評されていました。

普段酔わない人も酔うとか、デコボコ道でガクガクして疲れるとか。。

これは、トーションビーム方式という方式を採用していて、これはスペースを取らないので車内空間を広げることはできますが、その代わりにサスペンションとしては機能が劣るタイプです。

ユーザーの不満を受けてか、2015年度の新モデルからはダブルウィッシュボーン方式が採用されました。

これはミニバンでは通常室内空間を広げるためにマルチリンク式や車軸式のサスペンションを使うのですが、ダブルウィッシュボーンはスペースを使ってしまう分、操縦性能が良くなるというものです。

「高級サルーンに相応しい乗り心地と操縦安定性を両立するために採用した」とのことでした。

「大好きな人にモテたいから…」と、娘を乗せるCMは印象的でした!

カッコいいパパになるならヴェルファイヤですね!

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加