エコカーのスタンダード「プリウス」

プリウスはハイブリッドカーのスタンダード。

新車はエコカー基準を満たしているので免税が多いのはもちろん、

中古車も減税対象になっているので中古車市場でも人気があります。

プリウスは燃費が良い

ハイブリッドカーは燃費が良いです。

燃費が良いのは、自動車は今までエンジンの力だけで進んでいたものを、電池とモーターを搭載することでエンジンをアシストするようになって結果エンジンを使わなくても十分に走れるため燃費が良くなるということです。

ただし、電池を使ったからその分燃費が良くなるかというと、そういうわけでもありません。電池やモーターの分車重が重くなるため、電気の力をOFFに下状態で通常通りに運転しようとすると、普通の自動車より燃費が悪くなってしまいます。

プリウスは、電池ありきで設計されている車です。

コンピューターによる制御がより一層重要になります。ブレーキの力で充電したり、停車時にはエンジンを切ってアイドリングにするなどして燃費を良くしようとしています。

最新車種では、エンジンの力と電池の力を合わせて加速を良くするモードがあったりします。

ハイブリッドカーは運転が楽しい!

プリウスというと燃費が良い。静か。ということはよく聞くと思いますが、実際運転してみて思うのが、「運転が楽しい!」です。

上り坂でバッテリーを消耗してしまった場合は下り坂でなるべく充電できるような運転をしたり、平地でも信号や道路から、この先車をどう動かせば良いか予測してブレーキを踏んだり、と、燃費を良くするために色々と考えることが多くなって、それが凄く面白かったです。

運転の仕方によっては燃費が悪くなる

一般的にハイブリッドカーはガソリン車より燃費が良いのですがあ、運転の仕方を間違えると、むしろ燃費が悪くなってしまうことがあります。

鉄則は、加速時はエンジンを使って、速度維持には電力を使うこと

ガソリン車はエンジンの回転数を上げないことが燃費向上に繋がるため、そーっとゆっくりアクセルを踏むのが常識ですが、プリウスでそれをやってしまうと、速度が低い状態はエンジンを使わず電力で加速するため、結果充電をかなり消費してしまいます。

ですので、最初はアクセルをほぼべた踏みくらいで踏み、希望する速度達したらアクセルを緩めて充電を利用しながらクルーズするようにしましょう。

そうすれば、加速時こそはエンジンの回転数が上がって燃料を消費しますが、加速後は電力を使って車速を維持するので、エンジンから力はほぼ供給せず、充電しながらの走行ができたりします。

賢く使い分けて燃費の良いプリウスを乗りこなしましょう!

 

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加