MAZDA MPV ミニバンにワンランク上の走りを。

家族を乗せるからミニバンが必要。でも走りを妥協したくない!という人にはMAZDAのMPVが断然おすすめ!

車内が広いし、2.3Lエンジンと、ひとまわり大きなホイールで、セダン以上の走りを実感できるかも!

MPVと良く比較される車

TOYOTA エスティマ、HONDA オデッセイ、スバル エクシーガ

MPVの良いところ

エンジン出力が高く、加速が気持ちいい

通常このクラスのミニバンは2.0Lのエンジンを積んでいます。

MPVは2.5Lエンジンを積んでいるため、トルクや出力が大きく、ホイールもひとまわり大きなものを装備しています。そのため、交差点や進入時の停車からの加速や、高速道路の追い越しなどの高速からのさらなる加速は気持ちが良く、違いがはっきりと分かります。

室内が広い

プレマシーやWISHなどの小型ミニバンは、3列目がおまけ程度の大きさしかなく大人が乗るには窮屈ですが、MPVは3列目も比較的ゆったり乗ることができます。しかし広さで言えばオデッセイの方が広い。

小回りが利く

エスティマやオデッセイの方がMPVよりもひとまわり大きいので室内は広い。しかし、MPVは小さく足回りにスポーツクーペを意識しているため、小回りが利き、ロールが少なく、コーナリングも軽快です。

揺れが少ない

ミニバンは室内空間を確保するために、トーションビーム方式やマルチリンク方式を採用しているものが多いです。これは、スペースが少なくて済むのでよく使われますが、その分ちょっとした段差で衝撃が室内に伝わってきてしまいます。

MPVはダブルウィッシュボーン方式という、スポーツカーでよく利用される方式を使っているため、揺れは本当に少ないです。

MPVの悪いところ

燃費が良くない

他の車と比較して燃費は良くはありません。プレマシーが2.0Lエンジンで燃費16.0km/Lに対して、MPVは2.5Lエンジンで燃費は11.0km/Lになっています。

税金が高い

MPVは2.5Lエンジンを積んでいて、エコカー減税の対象でもないため、税金が高いです。自動車取得税が7万円、自動車税が4.5万円、自動車重量税は5万円ほどかかる見込みです。

MPVは、車両価格や維持が少し高かったとしても、室内が広くかつスポーティな走りを無くしたくないという人にお勧めです。

大型ミニバンと比較して

大型ミニバンのエルグランド、アルファード、ヴェルファイアは、エクステリアはゴージャスで、インテリアにも高級感があり、エンジン音などはほとんど聞こえません。

しかしその分、コーナリングで、ロールして車酔いしやすかったり、車両価格も400万円以上して凄く高いです。

移動手段にそこまで求めるかどうかというところがポイントになってきます。

家族4-5人が乗れて、荷物もそれなりに載せることができるなら、走りやすさを重視したMPVが良い!という人が選んでいます。

 

 

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加