日産ラフェスタはMAZDAプレマシー

ラフェスタは、プレマシーのOEM製品。

プレマシーは気に入ったんだけど、外見がちょっと、、、という場合は

ラフェスタと良く比較される車

TOYOTA アイシス、HONDA フリード、MAZDA プレマシー

ラフェスタの良いところ

外見が違うプレマシーが手に入る

MAZDAプレマシーのOEM製品です。中身はプレマシーで外装だけNISSANが手をかけて変えてうっていると言うことです。

プレマシーは人気車種なので結構町中でよく見かけますし、マツダの外見がちょっと苦手という人も中にはいます。

ラフェスタはプレマシーよりは男前なフロントマスクで、イメージカラーも黒と、格好いいので、プレマシーの走りで格好良いモデルが欲しいという人にはお勧めです。

燃費が良い

ラフェスタは16km/Lと、2000ccエンジンでは良い方。

乗り心地が良い

2リットルエンジンなので、パワーも十分。ダブルウィッシュボーン方式を採用しているので、ちょっとした段差でもしっかり吸収してくれて長時間運転しても疲れません。

後部座席

スライドドアなので、子供や老人でも心配せず開け閉めできます。

下り坂の前向き駐車は空けるのにかなり重くなってしまうので注意が必要ですね。

室内は広くできる

7人用とありますが、3列目のシートは大人を乗せるには狭く感じるため、3列目に人を乗せる必要がある場合は、ワンサイズ上のセレナ、ノア、ステップワゴンなどの方が快適です。3列目のシートは倒して広いスペースを作れるので、4-5人家族は普段そのようにしておけばワゴンよりも収納スペースが広く使えます。

給油時のスライドドアに注意

実はラフェスタの給油口は運転席側のスライドドアを開けると隠れてしまう仕様になっています。

給油しているときに右側のスライドドアを開けるとぶつかってしまうので気をつけないといけませんね。

ラフェスタの価格

ミニバンとしては中間あたりにある価格帯。プレマシーのOEMで、プレマシーより若干高くなっています。ただし、今なら値引きが期待できるので、交渉次第ではプレマシーより安く買えるかも知れません。

中古車市場では、もともと数も少なくあまり人気が無い車種なので買取価格もどうしても安くなってしまいます。ラフェスタを買う場合は10年10万km乗りつぶすつもりで買うのが良いです。

プレマシー同様エコカー減税対象車なので税金は40%ほど引かれます。

ラフェスタの悪いところ

3ナンバー車であること

排気量は2000cc以下なので、5ナンバーの資格はあるのですが、車体の全幅が1750mmと、1700mmを越えてしまっているため3ナンバーとなります。なので、自動車税や自動車重量税が5ナンバーよりも少し高く付いてしまいます。

車内はプレマシーと全く同じ

内装はプレマシーと全く同じです。MAZDAは、デザインや質感よりも走りやすさを重視する傾向にあるので、ライバル車と比べてチープな印象を受けてしまいますが、ラフェスタも内装は全く同じです。

プレマシーより値段が高い

本体車両価格がプレマシーの同型よりも20万円ほど高くなっています。プレマシーがスポーツミニバンとしては一番安いのですが、ラフェスタは他の車両と同じくらいの価格になってしまっています。

ただし、これは値引き交渉などにより結構安くできると思います。

 

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加