スバルのSUV フォレスター 低重心で安定した走り

フォレスターは、スバルのミドルサイズSUV。セダンの乗り心地を持ったSUVであり、SUVの運転しやすさを持ったセダン。水平対向エンジンのおかげで良いところ取りしたのが人気の秘密

フォレスターと比較される車

日産エクストレイル、TOYOTA RAV4,三菱RVR

フォレスターの良いところ

狭い駐車場でも停めやすい

ホイール幅が小さめなのもあり、中型のSUVの中では最小回転半径が一番小さいです。また、視界が高いので周りも見渡しやすく、狭い駐車場でも止めやすいですね。

水平対向エンジンの良さ

スバルのフォレスターは水平対向エンジンを積んでいます。

水平対向エンジンはスバルが得意としているエンジンで、重心を低く車体のバランスを取りやすいのでスバルのインプレッサ、レガシィなど全ての車種に搭載されています。SUVにこの水平対向エンジンを搭載したことによって他のSUVにはない良さが出ていて、それがフォレスターが人気でアリ続ける秘密だったりします。

ハンドリングが良い

フォレスターのハンドリングは、SUVというより、セダンやワゴンに近いです。エンジンのおかげで重心が低く、車体が安定するからです。セダンでは差があまり感じられなかったものが元々車高が高めになってしまうSUVとなると、そのさは歴然と違います。

気象条件や路面の影響を受けづらい

重心が低いおかげで地面に吸い付くので、高速時にもふらふらしないし、横から強風にあおられてもふらつきません。

高トルクでパワフルなエンジン

水平対向という機構以外でエンジンの性能自体もラリーを想定して設計されたエンジンはパワフルです。

スバル得意の4WDの機構のおかげで、特に初速~低速~中速域でのトルクが素晴らしいです。

踏んだ分加速してくれるので気持ちいいですし、上り坂も4WDで非力さを感じることなく軽々と加速できます。

静かに運転したい場合はエンジン回転数を低く抑えるiモードがあり、スイッチで切り替えることが出来ます。

SUVならではの視野

スバルの4WDは、レガシィやインプレッサなど、セダンタイプが多く車高が低くて運転手の視界も低め。このフォレスターは視界を高く広くしてあるので、周りを見渡して運転でき、負担なく長時間運転も出来ます。

フォレスター唯一のネックは燃費

セダンのような走りが出来るSUVでもあり、SUVのように車高の高いセダン。

セダンとSUVの良いとこ取りが出来たのは、水平対向エンジンのおかげであるのは紛れもない事実。しかし、水平対向エンジンは燃費が良くないんです。

公称値が15.2kn/Lで、SUVの中では低め。とはいっても、燃費が良いといわれているのはFF車。4WDで比較してみると平均でも17.0km/Lだったりするので、それほどネックにはならないでしょう。

 

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加