トヨタ エスクァイアとノアとヴォクシーの違い

TOYOTAのミニバン エスクァイア(エスクワイア、エスクワイヤ)、ノア、ヴォクシー(ボクシー)

この3台は姉妹車で、外装や内装が異なっています。ぞれぞれどのような人達にぴったりなんでしょうか

車の性能は同じ

エスクァイアとノアとヴォクシーは、エンジンや駆動系は同じものを使っています。

ですので、ハンドリング性能や加減速の性能はモデルでみると違いが分かりやすいです。

ガソリン車モデルとハイブリッド車モデル

ガソリン車は16km/Lと、ミニバンにしては良い方です。

ハイブリッド車の燃費は23km/Lと良いですが、本体価格が60万円ほど高いので、10万km以上走って初めてガソリン車よりオトクになる計算です。

しかし、エコカー減税で自動車取得税や自動車重量税が安くなることや、ハイブリッド車は中古車市場でも高く売れるため、リセールバリューを考慮するとガソリン車でいい!とひと言では言えなくなりますね。

ハイブリッドは特に交差点の多い市街地で走るときはガソリン車に比べて静かだし、蓄電池の電力を使って加減速するので、運転しやすいと感じることも多いです。

ロングセラーのノアを起点とした展開

ノアが一番古くからあるモデルで,ファミリー用の中堅ミニバンとしての歴史が長いです。

ボクシーは若者向けにカスタマイズされたノアとして売っています。

新車価格は実はノアとボクシーは同じ値段です。

違いは、外装にエアロパーツをつけたり、内装をおしゃれなアクセントをつけたりしています。

ノアが家族でゆったり乗るファミリー用ミニバンだとすれば、ヴォクシーは若者がみんなで乗れるミニバン。といったところでしょうか。

カッコいいと言うことで、ノアよりもボクシーが売れています。

エスクァイアは外装内装に高級感を加えたノア。

ファミリー向けとして無難でなノア。若者向けのヴォクシー。

これに対して、エスクァイアは高級感のあるノアといえます。

車体の形状は3台とも同じですが、エスクァイアは、トヨタのミニバンの上位モデルであるアルファードやヴェルファイアに近づけたイメージです。

フロントグリルに高級感があり、窓枠の下をシルバーのメッキモールで縁取って高級感を出しています。

エスクァイアは、ノア・ボクシーより15万円ほど高いです。その分アルファードやヴェルファイアの雰囲気を味わえるということですね。

ただし中身は全く同じなので、雰囲気に15万円払えるかといわれるとどうなんでしょうね。

ただ、ヴォクシーやノアは人気車種なので街でよく見かけるため、人とはちょっと違う方が良いという人にはオススメできますね。

中古車を考えるなら、どれもいっしょ

エスクァイアは数が少ないですが、中身がノアやボクシーと同じ為、中古車市場でもそれと同等の価格設定になっています。

外観を重視するのであれば、どれにするのか決めてから中古車を探しても良いと思いますが、走り性能は同じなので、この3台を全部まとめて探して、一番いいものを選ぶと良いですね。

 

 

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加