脅威のクリーンディーゼルエンジン小型SUV MAZDA CX-3

2015年2月にフルモデルチェンジしたCX-3。

エコカー減税100%で、それなりのパワーを持っているコンパクトSUVのライバルは、HONDAのVEZELくらいしかありません。

スポーツ重視ならCX-3が良いのではないでしょうか。

 

脅威の燃費クリーンディーゼル

小型SUVの中でクリーンディーゼル車はCX-3と、同MAZDA CX-5だけです。

ディーゼル+ターボの組合せのエンジンは、燃費23.0km/LとコンパクトSUVのガソリン車ではトップ。

ハイブリッドのVEZELは27.0kmLなので、ハイブリッドに迫る燃費ですね。これだけ燃費が良いのは,ディーゼル油がレギュラーガソリンよりも安いと言うことがあります。

 

ターボ積んでるから立ち上がりが遅い

通常この辺りの小型SUVは2.0Lエンジンを積んでいますが、このCX-3は1.5Lエンジンにターボ過給器をつけています。

ターボ車の特性上、アクセルを踏んでからその力が車に伝わるまで多少時間がかかってしまいます。

それを知らないと、この車は馬力が弱いと感じてしまうかも知れません。

しかし、一度ターボチャージャーが機能するようになると、2.0Lエンジンにも負けないトルクを出してくれるので、一気に加速していきます。これはターボ車の特徴ですね。

 

CX-3の乗り心地

MAZDA車は、スポーツタイプのような走りを目指しています。

SUVは基本的に車高が高く、サスペンションも柔らかめでショックを吸収できるようにしていますが、このCX-3の足回りは全体的に固めです。

足回りが固いため、コーナリングや旋回時には車が地面にぴたっと付くので、ハンドルを切った通りに反応してくれますし、ぶれることはありません。他のSUVはサスペンションも柔らかいため、ロールしたり、ふらついたりしてしまいます。

逆に、固いと言うことは地面の段差の影響を感じやすく、運転中段差で「突き上げられる」感覚になってしまうと思います。

この辺りが通常のSUVとCX-3の違うところです。

驚きのエコカー減税対象100%

クリーンディーゼルを利用しているため燃費が良く、エコカー減税区分は100%減税対象車となっています。

2015年から厳しくなったエコカー減税の規定に関わらず100%減税対象となったのは、クリーンディーセルエンジンのおかげ。レギュラーガソリン車でも多くて40%減で、他に100%減税対象車はホンダのVEZELハイブリッドくらいです。

VEZELか、CX-3か

エコ、走りを考えると実質ライバルはHONDAのVEZELくらいしかありません。

 

 

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加