脅威のトルクをもったアクセラ スポーツ

MAZDAのアクセラは、コンパクトカーのサイズに2.2Lクリーンディーゼルエンジンを積んでいるコンパクトスポーツカー。

トルクがずば抜けて良いので走りに不満を持つことはなくなります。

他のアクセラとは別物

アクセラには、スポーツ、セダン、ハイブリッドがありますが、このスポーツは他のアクセラとは別物です。車体もひとまわり小さくコンパクトカーのようにまとめてありつつ、SKYACTIV 2.2D ディーゼルエンジンを積んでいます。

SKYACTIV 2.2Dが凄い

アクセラスポーツXDに積んであるエンジンは、燃費は19.6km/Lとかなり良く、100%のエコカー減税を受けられるクリーンディーゼルエンジンです。

クリーンディーゼルエンジンをここまで安く作れるメーカーは他にありません。

排気量が175psで、トルクが42kgf・m。

スカイラインが35,インプレッサが40であることをみると、この力強さが分かるかも知れません。

思った通りに加速してくれるので、エコカーなのを忘れてしまいそうになります。

レギュラーガソリンエンジンよりは音がちょっと大きい

ディーゼルエンジンの特性上、ノッキング音やエンジン音が大きくなってしまいがちです。アイドル時は「カラカラ」と音が鳴ります。しかしいやな音ではないので、気にならないかも知れません。

燃費向上のためにアイドリングストップ機能もあり、この作動時間もかなり短縮されていて、他メーカーのものと遜色ありません。

アクティブ・ドライビング・ディスプレイが便利

エンジンONでメーターフードの前方に、車速やナビゲーションのルート誘導を表示してくれる機能です。カーナビよりも運転視野に入るのでなど走行時に必要な情報を表示してくれます。これが意外と便利。カーナビの性能はちょっと不便かも。

リセールバリューが高い

アクセラスポーツは2014年にフルモデルチェンジしてからが人気。数万km走っている中古でもXDは200万円~と高め。

燃費が良くエコカー減税対象車なのに馬力があるので、一定のスポーツ車が好きなユーザー層に人気です。

 

室内は意外と広い

アクセラスポーツはコンパクトカーという側面もあるので室内の広さは控えめと思いきや、後部座席に座ってみると身長170cmの人でも楽に過ごせるくらいのスペースはあります。

ホイールは15インチで十分

せっかく良いエンジンを積んでいるのでホイールも大きくしたいところですが、標準の15インチでも路面のごつごつ感もなく、快適です。グリップも十分です。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加