若者にも人気のあるハイブリッドカー「アクア」

TOYOTAのアクアは、プリウスのエントリーモデル。プリウスはハイブリッドカーとしては価格も抑えられていますがそれでもまだ高い方。手の届きやすいハイブリッドカーとして、新車が人気です。

アクアはめちゃくちゃ売れている

トヨタのアクアは2015年の上半期新車販売台数は首位です。

軽自動車を含めても首位です。増税やエコカー減税などがあり、軽自動車よりもハイブリッドカーの方が節税面ではよく、乗り心地も軽自動車に比べるとずっと乗りやすいためハイブリッドカーに流れる人達が多かったようです。

その中でもこのアクアは、ハイブリッドの代名詞プリウスの機能を十分引き継いでいて、手が届く割りには高性能ということも人気の要因の1つのようですね。

アクアの良いところ

私もタイムズカーシェアリングでこのアクアを運転したことがあります。

運転したときは50kmくらい乗ったのですが、燃費は26.3km/lでした。

メーカー表示では37km/lなので、それを出すには最気を遣って運転しないといけないですし、坂道があるともう無理ですね。

コンパクトカー自体、全体的に中身はしっかりしてきているのですが、このアクアも例外ではなく、以前人気だったヴィッツなどにくらべても、しっかりしている内装です。メインパネルはプリウス似た表記ですが、より若者向けなかんじでした。 車体や、電気供給状態を示すパネルはありませんでした。

キーレスエントリー

アクアは、車にキーを差し込まなくても、ポケットにでもキーを入れておけばボタンでエンジンを起動できます。エンジンをかけたまま離れようとするとアラームが鳴って、鍵と車が離れることを知らせてくれるのもうれしいですね。

ミラーの自動格納は嬉しい

使ってみて「あ、便利」と思ったのが、ミラーの自動格納機能。

アクアは、施錠して車から離れるとミラーが自動的に格納されます。

良く駐車してから車を離れた後に忘れたといってミラーを閉じるために車に戻ることもしばしばあるし、それが手動ならまだしも、バッテリー駆動式だとエンジンをかけてミラーをたたまないといけないので億劫だったりします。。。

特に駐車場の狭いところばかりの日本だと、ミラーの開閉は必ずするので、施錠して車から離れると自動的にミラーが閉じるのは嬉しいですね。

もちろん、エンジンをかけると自動的にミラーは開きます。

ほぼ完璧なパフォーマンス

170-220万円クラスのコンパクトカーの中では、非の打ち所がないといっても良いくらい良い車です。

内装、外装、エンジン、サスペンション、燃費、どれをとっても非の打ち所がないと言えます。コストパフォーマンスの面ではプリウス以上なのはいうまでもありませんね。

 

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加