トヨタ LLサイズの高級車 アルファード

トヨタのミニバンアルファード。

ヴェルファイアと良く比較されますが、アルファードが幅広く人気で、ヴェルファイアや若者に人気。

新型モデルが一番乗り心地が良いですが、中古の上級モデルを探すのも良いかも!?

2015年1月にフルモデルチェンジ

アルファードは、2015年1月26日にフルモデルチェンジをしたばかり。

外見や走り心地が変わっています。

外見

全モデルとの外見の一番の違いは、フロントグリル。

高級感がだいぶましました。人によってはちょっと目立ちすぎると思う人もいるかも知れませんね。

走り心地

今まで酷評されていた乗り心地についてはかなり改善されたようで、口コミも以前のモデルほど言われていないようです。

 

 

3.5LエンジンのFF 中古車上級グレードがおすすめ!

アルファードは、エンジンが2.5Lか3.5Lか、4WDか2WDかを選べます。

車体が大きいので2.5lエンジンだと加速が若干もっさりします。3.5Lエンジンが欲しいところ。駆動方式は2WDで十分です。4WDで3.5Lエンジンとなるとかなり燃費が悪くなります。雪国でない限りは4WDは不要なので、2WDが良いでしょう。

新型の3.5Lが一番快適ですが新車価格で440万円ほどします。

旋回性能を重視したいならば、新型のエントリーモデルを。

加減速を重視したいならば、アルファードは中古もかなり出まわっているので、走行距離の少ない旧型の上級モデルを探すのが良いかも知れません。

エコ重視なら、新型のハイブリッド一択

エコ重視の人なら、新型のハイブリッド一択です!

19.4km/Lの燃費はミニバンクラスではトップクラス。

加速の感覚は、2.5Lよりよく、3.5Lほどは良くないと言ったところです。

ハイブリッドに積んであるエンジンは2.5Lのモデルですが、2.5Lのガソリン車と比較したとき、バッテリーのパワーを使えるので、市街地などで発進加速や追い越し加速で違いを実感できます。

ハイブリッドタイプは、モーター式なので、運転中のエンジン音はガソリン車とは比較にならないくらい静かです。市街地で信号などで止まったり加速したりするときにはエンジンがいつ止まっていつエンジンが始動したのか分からないくらい静かです。

 

乗り心地が良いので、遠出も難なくできるようになる

ワゴンやRVなどと比較すると、長時間運転しても全然疲れないというポイントがあります。ドライバーの目の位置も高くなるので、道路を先読みしやすくなるし、車内空間が広いのでゆったりとした感覚で運転できます。

アルファードにしたから遠出が楽しくなって、家族旅行の機会も増えた!なんてひとも少なくないのもうなずけます。

 

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加