車種

スバルのSUV フォレスター 低重心で安定した走り

forester

フォレスターは、スバルのミドルサイズSUV。セダンの乗り心地を持ったSUVであり、SUVの運転しやすさを持ったセダン。水平対向エンジンのおかげで良いところ取りしたのが人気の秘密

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

スバルの本気 WRX S4 (インプレッサ)

wrx

スバルのWRX S4は、インプレッサベースの4WDスポーツセダン。

思うように曲がってくれ、アクセルを踏めば力強く加速していく。これだけ走りを求めたスポーツセダンは他にありません。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

アコードハイブリッドは低燃費、高出力

accord

ハイブリッドのセダンはプリウスの独壇場でしたが、アコードハイブリッドにはHONDAのハイブリッドの技術が詰め込まれていて、燃費はほぼ同格。郊外での走行が多い場合はプリウスよりも燃費を良くする工夫がしてあります。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

脅威のトルクをもったアクセラ スポーツ

axela

MAZDAのアクセラは、コンパクトカーのサイズに2.2Lクリーンディーゼルエンジンを積んでいるコンパクトスポーツカー。

トルクがずば抜けて良いので走りに不満を持つことはなくなります。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

日産の高級セダン スカイライン

skyline

NISSANのスカイラインは、スポーツセダン。後部座席を犠牲にして運転席に余裕を持たせたり、静音性よりは、エンジン音を感じ取れるようにしてあったりします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

PHEVのロングセラー アウトランダーPHEV

outlander_phev

 

 

SUV史上最重量級

アウトランダーのガソリンモデルが1480kgなのに対して、PHEVモデルはなんと1820kg。その差なんと340kg!

SUVは1600kg帯が多いので、2tにちかいこのアウトランダーPHEVは最重量級。

ハイブリッド機構、モーター、バッテリーで320kgもある計算です。

とくに、家庭用電源で充電して、モーターだけで走る車なので、モーターとバッテリーはかなり大型のものを使っています。

タイヤなどの消耗ペースも速いと感じてしまうかも。。

バッテリーの寿命はメーカー公称値よりも実測値の方が良いほどなので気にしなくて良いです。

三菱重工は重電系につよいのでその影響が自動車にも出ていますね。

No1ではなく、オンリー1

アウトランダーは、スポーツカーと高燃費車の中間のような存在の車です。

スポーツのような走りを求めるならスバルのレガシィアウトバックありますし、低燃費を求めるならばHONDAのVEZELがリッター27.0km/Lで適いません。

しかし、レガシイよりも遥かに燃費は良く、VEZELよりも大型です。EV走行は静かで加速もスムーズで、一度体験したら驚いてやみつきになるかも?

どの分野でもNo.1ではないけれど、オンリー1の車種であることは間違いないです。

急勾配の上り坂はきっつい

実はこのアウトランダーPHEVはミッションを持っていません。すべてモーターで動いているので、急勾配の上り坂では十分な速度が出ません。

沢山運転するようになる

PHEVはEVモードがあり、エンジンは普段作動していません。そのためガソリンもほとんど使いません。

バッテリーが切れそうになったとき、暖房などで電気使用量が大幅に増えたときにエンジンがかかるくらいで、20km往復くらいであれば、うまく運転すればエンジンに始動をかけることなく往復できちゃいます。

家庭用電源で充電するならば、燃料費が約1/4になります。これは普通のハイブリッドカーでも出せない数字です。

運転してもガソリン代がほとんどかからないと言うことで、このアウトランダーPHEVを購入した人達は車で出かけることが増えたという人が結構います。

夜間の方が電気代が安いですから、その時間に充電するなどの工夫をするともっとエネルギー代が安くなりますよね。

中古車はバッテリーがへたっているリスクも考える

アウトランダーPHEVは中古車を買うときには気をつけないといけません。

バッテリーの容量が燃費に大きく影響するので、中古車を買った場合は燃費が下がると思っておいた方が良いです。バッテリーだけで60万しますから、へたっている状態で買ってしまったら交換となり、かなりの費用がかかることになります。

バッテリー容量低下時にエンジンによる発電で走行は可能とありますが、バッテリー容量がないと、通常EVモードでは40km走れたのが、どんどん下がるしかなくなってしまいます。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

HONDAのVEZELがハイブリッド一択な理由9つ

vezel

ホンダのヴェゼルは、ガソリンモデルもあるが、購入者の80%がハイブリッドモデル。そこまでハイブリッドが売れるのには理由がありました。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

本当の4WD レガシィ アウトバック

legacy

高級セダンのレガシィB4のSUVモデル レガシイアウトバック。オフロードも走れて、ワゴンの室内空間を持っています。燃費は他車が良すぎて悪く見えてしまうのが残念。常時4WDは、どんな道でも思うように曲がってくれます。

ファミリーカーからちょっと贅沢して本物の走りを体験したいならレガシィ アウトバックはおすすめです!

レガシィの燃費は良くない

レガシィのエンジンは、水平対向エンジンというタイプで、その特性上燃費は良くありません。燃費のメーカー公称値14.6km/LはSUVの中ではワースト。

比較的には悪いとしても、エコカー減税の40%減税対象になっているため、維持費を気にするかどうかは本人次第なところもあります。

冬道・雪道ならスバルの4WD

元々SUVは悪路や雪道などを問題なく走れる車という位置づけのため、4WDが主流でした。

日本では道路がしっかり整備されているので、悪路という悪路はほぼないでしょう。

また、2WDと比べると4WDの燃費は悪いです。

ですので、雪道や悪路を走ることがなく、燃費を気にするような場合は、2WDを用意している他車種が良いです。

しかし、4WDが必須という場合にはスバルの4WDをオススメしたいです。

インプレッサWRXはじめ、スバルの4WDは定評があります。他の車種が、2WDのモデルに4WDを加えるような形で設計しているのに対して、スバルは4WDを前提に設計していることがあります。

路面状況によっては4WDの方が燃費が良くなる

4WDは、雪道やぬかるみ路などの摩擦の低い道路では2WDとくらべて燃費が良くなりますが、

通常の道路では4つのタイヤを動かす動力が必要なのでどうしても燃費は悪くなります。

荷室は広い

レガシィアウトバックの形状は、SUVというよりもどちらかというとワゴンをSUVにしたというイメージが強いです。

後方の広がりが通常のSUVよりも広いので、荷室は広めです。

車中泊もOK

後部座席を倒せば、トランクルームとフラットで繋がるので、薄いマットさえ敷けばデコボコしなくなります。

荷物を全て前の座席に置けば大人二人は足を伸ばせます。

横幅も広いので、5才未満の子供なら乗せられるかも…

内装は妥協

内装はスバルクオリティと言うことで。スバルは乗り心地や走行性能を重視しているので、デザインや質感はよくも悪くもスバルらしいものになっています。

その中でもレガシイは頑張った方です。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

MAZDAのSUV CX-5は CX-3よりひとまわり大きく、標準装備が充実

cx5

CX-5はマツダのアクセラベースのSUV。デミオベースのコンパクトSUV CX-3と良く比較される。後部座席を使うならCX-5で、使わないならCX-3でOK。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

脅威のクリーンディーゼルエンジン小型SUV MAZDA CX-3

cx-3

2015年2月にフルモデルチェンジしたCX-3。

エコカー減税100%で、それなりのパワーを持っているコンパクトSUVのライバルは、HONDAのVEZELくらいしかありません。

スポーツ重視ならCX-3が良いのではないでしょうか。

 

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0